スポーツ

阪神・岡田監督が「Wスタンダード激怒」を連発でCSに暗雲

 18年ぶりのリーグ優勝。さぞご機嫌かと思われている阪神・岡田彰布監督(65)だが、激怒を繰り返してナインを辟易させてしまっているという。あからさまな〝朝令暮改〟に、10月18日から始まるCSファイナルステージの突破に、早くも暗雲が立ち込めているようなのだ。

 今シーズン中、岡田監督が報道陣を前に怒りをぶちまけたことは1度や2度では済まなかった。

「そのハイライトは6月下旬に早くもやってきました。場所は横浜スタジアム。不振で不貞腐れていた佐藤輝明に2軍行きを命じて、DeNAの本拠地・横浜スタジアム開催試合に対して『イベントが長すぎる!』と不満を漏らしたことが一斉に報じられ、トラ番記者に『お前らには話さん!』と激高。古株の球団スタッフからは『相変わらず天気みたいにコロコロと感情が変わり厄介や』と嘆きが止まらなかった」(在阪テレビ局関係者)

 優勝後も、1点差で負けた9月25日の中日戦後、危機感が伝わらない野手に「好き放題やっとる!」と怒り心頭で、全試合4番を任せた大山悠輔(28)の結果が出ず「3球連続ショートゴロや」とコキ下ろした。また、ルーキーでクリーンアップも任せてきた森下翔太(23)にも「フライばっかり打ちやがって!」とイラつきまくり。9月29日に満塁のチャンスで凡退して涙目になると「お客さんに姿を見せられへん」とバッサリ斬った。

 優勝で選手の気が抜けたのであれば、指揮官のイライラも合点がいくのだが、実はそうではなかった。岡田監督が方針を手のひら返ししたことで、チーム内が混乱に陥っているというのだ。球団関係者が語る。

「リーグ優勝後、岡田監督はコーチ会議で目先の勝利よりもポストシーズンでしっかり戦えるよう調整させることを確認。選手に対して『体調、技術を整えさせておけよ』と指示、各コーチを通じて選手もそのつもりで準備していました。ところが、11連勝で胴上げを決めた翌日からの消化試合で完全に負けが先行したことが気に食わなくなったようで、突然『何やってるねん、勝たなあかんやろ!』と急に言い出して、話がややこしくなった。一部ではチームの引き締めのためにあえて檄を飛ばしたとも言われてますが、そんなことはありません。舌の根も乾かぬうちに真逆の言い分をぶつけられて、選手たちはうんざりしている」

 負の連鎖を断ち切るため、10月1日の広島戦はベストメンバーで試合を行い、辛くも1点差で勝ったが、余裕のなさは敵陣にもしっかり伝わっている。

「岡田監督の策にハマったら、手も足も出ないが、少しでも綻びがあれば、つけいるスキはある。どんどんチーム内で混乱してもらいたいね」

 DeNAのOBがこう語れば、広島のOBからも、

「ウチは新井貴浩監督(46)、藤井彰人ヘッドコーチ(47)が岡田監督、選手の手の内をおおよそ把握できているのが強み。問題は甲子園で五分以上の戦いをできるかどうかですが、阪神は身内の足並みが揃わないとたちまち力を発揮できなくなるから、こちらには好都合です」

 ひょっとすると、アレがアレしてしまうかも‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ