芸能

朝ドラ「ブギウギ」笠置シヅ子の男前すぎる「女の生涯」

 初回の世帯平均視聴率16.5%と、NHKの朝ドラ「ブギウギ」は順調なスタートを切った。趣里(33)演じるヒロインが、いかにして「ブギの女王」へと成長していくのか。視聴者の興味は尽きないが、モデルとなった笠置シヅ子の生涯をたどると、実に〝男前〟な素顔が浮き彫りになってくるのだ。

 敗戦で打ちひしがれる国民を、その歌と踊りで励ました‥‥とは、よく聞く笠置評だ。が、当時の状況はそんなものではなかった。

「笠置は歌手という枠を超えて、終戦直後の暗い世の中に現れたシャーマンのような存在。それほど人々を夢中にさせたのです」

 こう話すのは、昭和文化研究家の徳丸壮也氏。その熱狂は数字に表れている。1947年に発表された「東京ブギウギ」は27万枚のセールスを記録。プレーヤーが満足になかった時代では異例のヒットである。翌年の笠置が納めた所得税は200万円。音楽業界でダントツのトップだった。

 この絶頂の直前、笠置を不幸が襲った。戦前から大阪松竹楽劇部の一員として活躍し、作曲家の服部良一に見いだされ、ジャズ歌手として活動していた笠置だったが、1944年に恋に落ちる。相手は吉本興業の創業者・吉本せい氏の息子である穎右氏。彼の子供を身ごもるが、せい氏の猛烈な反対にあい、結婚ができないまま、46年に穎右氏は結核でこの世を去る。以後、笠置は誰とも結婚をしておらず、まさに一本気な生涯を送った。何より恋人の死から2週間後、笠置は女児を出産。まさに、最愛の人を失い、その忘れ形見の赤子を育てながら「東京ブギウギ」を歌っていたのだ。

「その姿が、当時は『パンパン』と呼ばれた街娼から共感され、夜の蝶たちが笠置の親衛隊のようになったのです。笠置が立った日劇の舞台は有楽町にあり、そこの姉御が仲間に声をかけ、日劇の1階席の半分を買い切って、舞台を総見したとか、その姉御の最期を笠置が看取ったなど逸話は多い」(芸能記者)

 だが、この時期の笠置には疑惑もある。当時は違法ではなかったヒロポン(覚醒剤)の中毒者だったという説があるのだ。笠置の死後、歌手のディック・ミネが証言したというが、

「その説を私は懐疑的に見ています。笠置は首からアルコールが入った薬瓶をぶら下げて、周囲を消毒していたほどの潔癖な人。そんな女性がクスリに手を出すでしょうか。笠置の楽屋にヒロポンのアンプルが落ちていたという話はあったそうですが、親衛隊の街娼が日劇の楽屋に出入りしていたというし、笠置を裏切る男性マネージャーがヒロポン常用者だったとも聞きます。そうした人間が使ったアンプルが落ちていただけなのでは。ヒロポン中毒だったなら、70歳まで生きることはできなかったはずです」(前出・徳丸氏)

 だが、その生涯を閉じるよりも先に、1957年に笠置は歌手引退を宣言。晩年は女優に専念した。

「その際、テレビ局を回り『これまでのスターのギャラでは皆さんに使ってもらえないから、どうぞ、ギャラを下げてください』と、みずから値下げを申し出たそうです。とはいえ、テレビ局の懐メロ番組への出演依頼があっても、歌手引退後は『もう現役やおまへん』と断り、2度と人前で歌わなかった」(前出・芸能記者)

 どこまでも男前な女性を今後、趣里がどう演じるのか、注目されるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから