スポーツ

貴乃花「初恋の相手」は宮沢りえじゃなかった!? 30年ぶり「再会婚」美談に影を落とす大人の事情

 9月28日に発覚した元横綱・貴乃花(51)の再婚。お相手が「30数年ぶりに再会した初恋の人」とあって、「奇跡的な大人の恋の物語」と芸能界は祝福ムード。が、角界からはこの美談に対し「波瀾万丈だった人生の心の支えは、アノ人では?」との物言いがついた。

 事の発端は今年3月9日、各界のレジェンドが洒落た赤い椅子に座ってインタビューを受けるYahoo!JAPANのオリジナル動画「RED Cha ir」への出演だった。スポーツ紙記者が話す。

「そこで淡い初恋エピソードを告白。『17歳の頃、人目を気にせずデートできたことが一度だけあり線路に横たわって遊んだ』そうで、これを再婚相手の妹さんが見たことで、再会、再婚へとトントン拍子だったそうです」

 角界では、十両に昇進すれば〝部屋住み〟から卒業できることになっているが、

「マンションの一室での半同棲や通い愛はよくあることで、厳しい相撲道を邁進する上での『心の支え』であり、父(初代貴ノ花)と同じ大関を目指す、当時の貴乃花にとっても同じ。ただ両立させる余裕がなくなり2年ほどで終止符が打たれた」(前出・スポーツ紙記者)

 代わってその大関獲りを後押ししたのが、アイドルとして絶大な人気を博していた宮沢りえ(50)だった。角界関係者が振り返る。

「貴乃花の大関昇進は93年1月27日。一方、85年に小6でCMデビューしたりえちゃんも、88年に日本アカデミー賞新人賞に輝き、90年に紅白初出場、91年には写真集『Santa Fe』が150万部のミリオンセラーとなり、92年10月に婚約を発表した時は大騒ぎでした。同時に両家の不仲が表沙汰となり、皮肉にも貴乃花の大関昇進の伝達式の日に別々に婚約解消の会見が行われたものでした」

 その席で新大関の貴乃花がうつろな表情で「りえさんに対する愛情がなくなった」と語れば、宮沢も「お互いの気持ちが通わなくなった」とうつむいた。

「破局の原因は宮沢サイドとも言われた中、貴乃花は『自分は無責任です』『行動力のなさ。自分が情けないです』とすべてを背負い、伯父である初代若乃花(当時は10代目二子山で相撲協会相談役)からの『りえさんの芸能界引退』が結婚の条件だったことを隠し通した。花田家にとって土俵の鬼の言葉は絶対であり、母親の憲子さんも『私も女優を辞めて嫁いだのよ』と説得。これに対しりえママは『大部屋女優とりえを一緒にしないで』と応酬し、火に油を注ぎ、貴乃花を苦しめる結果になった」(前出・角界関係者)

 後日、美川憲一がバラエティー番組内で「りえママの依頼で別れを説得した」と明かしているように、まさに大人の世界につぶされた婚約騒動だった。

 それから10年後の03年、貴乃花は引退し、宮沢は日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝いた。

「04年2月に二子山部屋を継承し、貴乃花部屋が誕生した折の懇親会で、大賞を受賞したりえちゃんのことが話題になると、親方もご存じで『ずっと応援していますから』と笑ってました。当時の河野景子夫人が仕事を続けながら新たな女将業に挑戦していただけに、残念でなりませんでした」(前出・角界関係者)

 横綱昇進時の口上「不惜身命」を私生活でも貫いていれば‥‥。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴