スポーツ

【小久保新監督】ソフトバンクが昨年の80億円以上をつぎ込む「超次元の補強」で狙う「大物選手」リスト

 ソフトバンクホークスの藤本博史監督が10月17日に、福岡市内で退任会見を開いた。2年契約の最終年を終え、

「ここという時に勝てなかった。しんどかったし、選手が頑張ってくれたので、楽しい2年でもあった」

と涙を見せた。後任は小久保裕紀2軍監督の昇格で一本化し、契約条件面などの細かい交渉に入った。

 常勝を義務づけられた球団は「小久保新監督」を最大限にバックアップする方針で、昨年の近藤健介、有原航平、嶺井博希、ロベルト・オスナを揃えるべく80億円をつぎ込んだ「異次元の補強」をさらにパワーアップさせ、「超次元の補強」に入る様相を見せている。

「なにしろ『ミスターホークス』の小久保新監督に恥をかかせるわけにはいかないと、球団編成は山川穂高、バウアー、山崎福也の獲得に向けて奔走していますからね。採算を度外視し、羽振りよく新外国人の獲得にも力を注ぐ構えです」(福岡のメディア関係者)

 さらに目玉になりそうなのが、力が衰えてきた甲斐拓也捕手をカバーする大物選手の獲得だという。甲斐は139試合の出場で打率2割2厘と打線の穴になり、サブの嶺井も44試合で2割6厘と、補完することができなかった。スポーツ紙デスクが言う。

「捕手が大きな補強ポイントになっているのは間違いありません。水面下では、5月に海外FA権を取得し、4年契約の最終年である巨人の小林誠司を電撃獲得するプランが進行しています。小林と阿部慎之助監督の関係も良好とはいえないと聞きますし、大城卓三や岸田行倫の台頭もあって、出場機会を求めてチームを飛び出す可能性があります。ソフトバンクが慎重に獲得調査を行い、動向を注視していますよ」

 これ以上の連続V逸は許されないホークス。新指揮官を据えての逆襲が始まろうとしている。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…