事件

暴行事件 ジャニーズファンの悪質実態

 アイドルに熱狂的なファンは付き物だが、度を越した悪質ファンの存在がたびたび、取りざたされているのが、ジャニーズファンだ。
 11月28日までに警視庁少年課に、傷害、強要、恐喝で逮捕されたのは、神奈川県川崎市内の18歳の少女2人。この少女2人は、14歳の女子中学生が「ジャニーズJr.」のメンバーとメールでやり取りしていることを聞きつけ、「(ジャニーズファンの)ルールを破った」と因縁をつけ、約2時間にわたって暴行。拳や平手で数十回殴ったうえ、髪の毛をはさみで10センチほど切るなどの制裁を加えたという。
 社会部記者が言う。
「今回、逮捕された少女2人は、ジャニーズファンの間で、『やらかし』と言われる悪質なファンで有名だった。ジャニーズの熱心な追っかけファンのことを“オリキ”と呼んで“イッピ”(一般ピープルの略)と区別してファンの間で交流したりしている。だが、今回の事件の加害者である少女たちは、被害者の少女とネット上で知り合い、噂の真偽を問いただして、暴行に及んだといいます」
 熱心なジャニーズファンは独自の掟が支配している。基本的に「担当」と呼ばれる特定のジャニーズメンバーのファンになると、ずっと追っかけをし続けないといけないという。複数のメンバーに入れ込むことを「カケモ」(掛け持ちの略)と呼んで、禁止されている他、「ロケ禁」(ロケへの追っかけ禁止)などのさまざまなルールが存在しているという。
 ジャニーズウオッチャーが言う。
「ジャニーズの追っかけの間では、個々のメンバーに熱心なファンがいて、ルールを決めている。さらに、個々のメンバーのファンを束ねるジャニーズ事務所の意向をくんだ女性スタッフが全体をまとめる組織体系になっています。そこでは事細かに追っかけ上のルールが決められ、隠語で話しています」
 今回の被害者のようなメンバーと親しいファンは「オキニ」(お気に入り)と呼ばれ、他のファンからネット上で中傷されたり、時には、嫌がらせや直接行動に出ることもあるという。
 アイドル雑誌編集者が解説する。
「以前には、あるジュニアのメンバーと若手の女優がメル友になったと評判になったことがあった。その時も“やらかし”の少女たちが、その若手女優を尾行して、直接問い詰めたあげく、携帯電話を取り上げるという事件があった。結局、その若手女優から所属事務所に連絡があって、厳重注意したこともあったといいます」
 ファンのマナーには定評のあるジャニーズだが、一部の心ないファンの暴走を前に、対応に苦慮するばかりだという。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も