スポーツ

巨人軍は永久に不滅です(4)「ボケた暴君」ナベツネ老醜現場

 清武氏が会見で疑問を呈した渡辺会長の「統治能力」。読売グループ内でも“暴君”の老醜ぶりは、もはや見るに耐えないありさまだという。水面下では「ナベツネ・クーデター」の動きも進行しているようで‥‥。

 清武氏が渡辺会長に反旗をひるがえし、事態が泥沼化の様相を呈する中、読売新聞グループの複数の経営幹部の間から今、不穏な声が沸き上がっている。読売新聞東京本社のさる経営幹部が、絶対匿名を条件にこう明かす。
「今回の騒動は清武氏1人が企図して起こしたものではない。実は清武氏が最初の電撃会見を敢行するかなり前から、複数の元経営幹部や現経営幹部らが背後で糸を引いていた。騒動勃発後は、同調者も増えつつある。ズバリ、清武の乱は『反ナベツネ・クーデター』の開始を告げる狼煙であり、ついに本格的なナベツネ降ろしが始まったということだよ」
 読売新聞グループ内で胎動を始めた、かつてない規模の地殻変動。その端緒は今年6月、他ならぬ渡辺氏が断行した、電撃的な役員人事にあった。
 この人事では、渡辺氏の腹心中の腹心として知られた内山斉読売新聞グループ本社社長が同顧問に、老川祥一読売新聞東京本社社長がグループ本社の最高顧問に退けられるなど、「ポスト・ナベツネ」の呼び声の高かった面々が次々と閑職に追いやられている。経営幹部が続ける。
「この6月人事以前に左遷された松井義雄元東京本社会長、滝鼻卓雄元東京本社社長・元読売巨人軍オーナー、朝倉敏夫元グループ本社副主筆・元東京本社副社長らも同じ境遇の面々。内山氏は清武の乱の火消し役として、マスコミの取材に積極的に応じているが、腹の中には複雑な感情が渦巻いているはずだよ」
 そしてこの経営幹部は声を潜めて、こんな驚きの事実を明かすのだ。
「ナベツネに退けられた元経営幹部の中には、夜な夜な酒席での密談を重ね、クーデターへの布石を打ってきた者がいる。当然、彼らの一部は清武氏ともひそかに接触を図っていた」
 反ナベツネ・クーデターを画策しているのは元経営幹部だけではない。
 くだんの6月人事では、グループ本社社長・東京本社社長に抜擢された白石興二郎氏、グループ本社取締役・西部本社社長に抜擢された弘中喜通氏、グループ本社取締役・大阪本社社長に抜擢された太田宏氏らの面々が、新執行部として渡辺氏の直系ラインに引き上げられている。ところが、
「新たな近習に連なった面面の中にも、清武氏とひそかに内通してきた者がいる。最近は様子見だった連中も参戦の構えを見せており、ナベツネ独裁はまさに崩壊のプロセスに突入しつつある」(前出・経営幹部)
 このような内情を暴露してはばからないのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”