特集

日馬富士「暴行事件」の背景に「モンゴル互助会」

Sponsored

 相撲界を激震させた日馬富士の暴行事件には、モンゴル力士による、「ある組織」が大きく関与していた。「モンゴル互助会」──。これは相撲界に隠然と囁かれる、モンゴル出身力士による親睦組織のことである。今回のモンゴル力士同士の暴力事件は、この互助会の存在抜きには、語ることができない、と報じているのは、「週刊アサヒ芸能」(12月7日号)だ。

「92年に旭鷲山、旭天鵬、旭天山ら6人の力士が、初めて日本の相撲界にやってきました。その後も朝青龍や日馬富士(33)、白鵬(32)が登場し、現在に至るまでのモンゴル人力士の系譜ができた。彼らは結束も固く、互いを励まし合うようによく飲み会、懇親会を開いていた。これが『モンゴル互助会』のスタートです」(角界関係者)

 この互助会は、10年に自身が暴力事件を起こすまで、朝青龍がトップに君臨。強制引退させられた後、その座は白鵬へと移った。

「活動」は、モンゴル力士が集まる飲食店でしばしば行われており、特に多いのが、東京・錦糸町の居酒屋、スナック、カラオケラウンジ、フィリピンパブ、モンゴルパブなど。「議題」はというと、

「タニマチを紹介し合うなどして人脈を広げる。さらに、星の回し合いにまつわる話です。親方衆の間でも、これはたびたび話題になることがある」(スポーツライター)

 白鵬をトップとする互助会の力士は、相撲界での地位をなるべく安泰なものにしたい。その手段となるのが、星の回し合いなのだという。こうした互助会を嫌悪する筆頭が、暴行事件の「被害者」たる貴ノ岩の師匠、貴乃花親方で、

「潔癖かつ厳格な相撲道を追求するガチンコ主義の貴乃花親方ほど、ある種の純粋主義的に『嫌モンゴル』な人は他に知りません。モンゴル力士たちの振る舞い、考え方が相撲界を蝕んでいる、と考えているんです」(相撲担当記者)

 そんな師匠の教えをかたくなに守っていたからこそ、貴ノ岩はモンゴル互助会では浮いた存在となり、「標的」となった。日馬富士が暴行に及ぶ直前、白鵬が貴ノ岩の日頃の態度を注意していたとされるが、同胞よりも師匠の言いつけを守る貴ノ岩を取り込もうとしていた、とも言われるのは、貴ノ岩が互助会の「掟」に背いていたからだと…。

 そしてこの暴行事件を機に、相撲協会に反旗を翻し、貴ノ岩の事情聴取も拒むなど、完全決裂した貴乃花親方の脳裏には、「第二相撲協会」なる構想があるという。その仰天のクーデターの全貌は果たして──。

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”