スポーツ

サッカー元日本代表・田中誠が選んだ「ベストイレブン」対戦がイヤだったFWの名前

 サッカー元日本代表の田中誠氏が、前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演し、「ベストイレブン」を発表した。

 対戦した選手や近くで見てきた人の中から11人を選んだという。田中氏はジュビロ磐田の黄金期を支え日本代表としても活躍してきたとあって、サッカーファンにはたまらない懐かしい名前が並んだ。

 フォーメーションは3-5-2。GKは川口能活。反射神経がいいこと。足が速くジャンプ力もあって身体能力が高いことが選んだ理由だという。

 3バックは右から中澤佑二、田中マルクス闘莉王、松田直樹という顔ぶれ。自分にないものを持っている選手を選んだそうで、闘莉王は攻撃力の高さ、中澤は1対1の強さ、松田はDFとしてあらゆる能力をもっていると評価した。

 ボランチは福西崇史と今野泰幸で、

「福西は無駄な動きをせず判断がいい。ボールを運べるしヘディングが強くて身体能力もある。ふてぶてしいが頼りになる。今ちゃんは危険察知能力が高い。センターバックも中盤もできて監督から重宝される選手」

 と評価。そして中盤の真ん中に置いたのは名波浩。

「人を使えて自分も能力が高い。厳しいけれどプレーで助けてくれる。サッカーIQが高く、ゲームメイクできる」

 と絶賛した。2列目は右が藤田俊哉で左が前園真聖。藤田は技術が高くサッカーセンスがあることが選んだ理由。前園については、

「プレースピードとドリブルの技術は体感したことがない」

 と理由を挙げた。

 ツートップはまずジュビロ磐田の先輩である中山雅史を選んだ。動いてプレッシャーをかけ続ける姿勢を評価したという。常に全力というスタイルは練習でも変わらないそうで、こんなエピソードを披露した。

「練習の前にケガを予防するためのトレーニングをしていた。それも全力でやっていたので疲れてしまい、練習の時には『もう疲れた』と(笑)」

 そしてもう1人が柳沢敦。選んだ理由は、

「消えて背後を取る動きは天下一品。鹿島にはいいパサーがいたので背後を取られた印象がある。質と回数がよかった」

 と対戦して嫌だった思い出があると話した。

 田中誠氏が選んだベストイレブンは強いのか、それほどでもないのか。柳沢と中山のツートップと聞くとシュートを外し続けるシーンが頭に浮かぶが、果たしてどうだろうか。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に
4
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
5
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった