芸能

沖田浩之「自殺2日後」に涙で語った「破局した元恋人」山本陽子の「思い出」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 先日、〈伊藤つかさ 竹の子族のヒロくん(沖田浩之)にキャー「3年B組金八先生」で過ごした青春〉と題するインタビュー記事を目にした。「女性自身」(WEB版)が配信したものだが、久しぶりに並んだ2人の名前に、ふと懐かしさをおぼえた。

 2人は「金八」シリーズ第2弾で共演。伊藤は当時、中学2年生で、沖田は高校3年生だったが、

〈竹の子族として雑誌にも出ていたので、周りの女のコたちもキャーキャー言っていました。第1シリーズのたのきんトリオに続くスターになるのはヒロくんだって、みんなが思っていたんです〉

 伊藤がそう話すように、歌に芝居にと、沖田は人気若手スターの道を歩んでいくことになる。

 実は筆者も「金八」終了後、しばらく経ってから伊藤に、当時の思い出についてインタビューしたことがあった。そこで本当に、昨日のことのように楽しく語っていたことを憶えている。

 そんな沖田が36歳の若さで、神奈川県川崎市内の自宅で自ら命を絶ったのは、1999年3月27日だ。所轄署によれば「亡くなったのは2階の寝室で、鴨居に着物の帯をかけたままの状態で家人が発見。遺書はなかった」という。

 その後、警察は自殺と断定。関係者を取材すると、借金に悩んでいたとの話はあったものの、遺族も口を固く閉ざしたことで、原因が明らかになることはなかった。

 沖田の訃報を聞き、往年の芸能記者たちの脳裏をよぎったのが、かつて恋人と噂された女優・山本陽子のことだ。2人は1980年代半ばにドラマで共演、すぐさま恋人関係に発展した。とはいえ、沖田は当時21歳。一方の山本は42歳だ。

 交際は2年ほど続いたが、母子ほど年の離れた2人の交際には反対の声が多く、結局、山本が身を引く形で交際は消滅した。沖田はその後、一般女性と結婚したことで、2人の交際は「過去の思い出」となっていたことだろう。

 だが、これを数奇な運命というのだろう、山本のかつての恋人である田宮二郎も、1978年12月に東京・麻布の自宅で猟銃自殺している。過去の恋人とはいえ、今度は沖田までもが命を絶ったことで、その因縁めいた結末に芸能マスコミの関心が集中することになる。

 沖田の死後の3月29日、東京・銀座博品館劇場で舞台の制作発表後、囲み取材に答えた山本は言った。

「彼は非常に優しくて、完璧主義者で、誰からも愛されて素晴らしい人間でした。今は青春の1ページとして(思い出を)残しておきたいです。適当な…言葉が浮かびません。心からご冥福をお祈りいたします」

 そう話すと涙が溢れ出し、そのまま会場をあとにした。翌30日、31日には冷たい雨が降りしきる中、沖田の通夜、告別式が執り行われたが、そこに山本の姿はなかった。

 葬儀の後、かつて2人の愛の巣だった山本のマンションを訪ねた。だが深夜まで、その部屋に明かりが灯ることはなかったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴