芸能

【クマ被害】デヴィ夫人の「銃殺が可哀想」発信が叩かれまくる「脊髄反射」の自業自得

 タレントのデヴィ夫人が全国各地で相次ぐ「クマ被害」について「山に帰すべき」と持論を展開し、ネット上に大ブーイングが吹き荒れている。

 NHKの調べによると、今年度はこれまで18の道府県で少なくとも172人がクマに襲われてケガをしているという。特に秋田県は最も多い59人で全体の3分の1を占めており、佐竹敬久秋田県知事は10月23日、「人命最優先」の熊対策を行うと表明している。

 そんな中、デヴィ夫人が28日に自身のインスタグラムを更新。アメリカではクマを麻酔銃で捕獲して山に返しているとし、「日本では銃殺してしまう。可哀想です。日本もアメリカに習うべきではないでしょうか」と訴えたのだ。

 デヴィ夫人のコメントには賛同する声も少なくないが、実際に被害に遭っている地域ではまさに死活問題になっているだけにコメント欄には反論が相次ぎ、一部ネット民からも「キレイ事をいうな!」と非難が殺到している。

 芸能ライターが語る。

「デヴィ夫人は今年7月にも、故・ジャニー喜多川氏の性加害問題について『昨今の流れは偉大なジャニー氏の慰霊に対する冒涜、日本の恥である』などと持論を展開して炎上したばかり。ところがその後、次々とジャニー氏の性加害が明らかになると、旗色の悪さを感じたのか前言を撤回。10月10日になって『私の発言により傷ついた方、怒りを覚えた方に心より申し訳なく思います』と謝罪している。クマ被害についても脊髄反射で思いを書き込んだのでしょうが、さすがに一方的すぎるのでは」

 クマ被害を巡っては、秋田県の自治体にも「クマを殺すな」という抗議の電話が殺到しているというが、佐竹知事は「すぐ切ります。ガチャン。これに付き合っていると仕事ができない。これ『業務妨害』です」とバッサリ切り捨てている。デヴィ夫人のお気持ちは理解できないわけではないが、まずは一度、現地を訪れて実態を見てみてはかがか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す