スポーツ

サンデーサイレンスを超える!新種牡馬スワーヴリチャード「格安種付け料で重賞勝ち候補馬がゴロゴロ」

 祖父サンデーサイレンスを超えるのか。2018年の大阪杯(G1)や2019年のジャパンカップを勝ったスワーヴリチャードの産駒が、中央競馬界を席巻し始めている。長年、競馬取材に携わるターフライターが言う。

「スワーヴリチャード産駒は、デビューから順調に勝ち星を積み上げています。10月終了時点ですでに18勝を挙げ、今年の新種牡馬リーディングの首位を快走している状態で、産駒には重賞勝ちしそうな馬がゴロゴロいます。現在、200万円と格安な種付け料は4年間、据え置きされますが、その後の高騰は間違いなし。それでも500万円程度でしょう。種付け頭数は2020年の初年度が123頭で、翌年が94頭。2022年は81頭まで減少しましたが、500万円の種付け料になっても初年度を超えていくのは間違いないですね」

 同馬がいる社台スタリオンステーションには、種付け料1800万円のエピファネイアを筆頭に、1200万円のキズナ、コントレイル、1000万円のキタサンブラックなど、高額な種牡馬が多い。それらに比べて半分以下の500万円なら、お得感があるというものだ。

 ハーツクライの後継として注目されてはいたが、種付け料はなぜか同世代のライバルだったレイデオロ(600万円)のわずか3分の1。が、このままの勢いなら、逆転も時間の問題で、

「種付け料200万円で生まれたサンデーサイレンスが、レースでも種牡馬としても競馬界に名前を刻んでいることを考えれば、値段が全てではない。200万円のお買い得種牡馬の快進撃から目が離せませんよ」(前出・ターフライター)

 サンデーサイレンスの孫にあたるスワーヴリチャードが、祖父を超える大物種牡馬になる可能性は十分だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点