スポーツ

【サッカー日本代表史】オフト監督が変えたチーム内「3派閥」状態と柱谷哲二の「直訴」

 サッカーW杯アメリカ大会の出場を逃した「ドーハの悲劇」(1993年)。日本から遠く離れたカタールで何が起きたのか、多くの選手がその裏側を語ってきたが、柱谷哲二氏、吉田光範氏、北澤豪氏、福田正博氏が前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演し、改めて振り返っている。

 福田氏によると、オフト監督の前の横山謙三監督時代の日本代表は「派閥」が存在し「チーム内にチーム」ができていたという。それは読売チーム、日産チーム、その他の3つで、ギスギスしているのを感じたそうだ。

 オフト監督はそれを嫌い、チームを1つにしようとしたという。鍵を握ったのは柱谷氏。柱谷氏は、Jリーグ開幕の前年に日産自動車から読売に移籍。両チームに顔が利く人物がキャプテンになったことで、派閥は少しずつ消えたという。福田氏は、

「テツさん(柱谷)が移籍して読売が大きくなり、日産が少し落ちてきたことで1強になりチームが1つになった」

 と分析した。

 最終予選は初めてづくしだったことも4人の記憶に残っているという。行きも帰りもチャーター機だったのはこの時が初めて。移動時に選手全員がお揃いのスーツを着用したのも初。専属のシェフと用具係を連れていったことも過去に例がなかった。

 それを実現したのが柱谷氏で、協会に様々な要求をしたとか。柱谷氏は、

「川淵(三郎=チェアマン=当時)さんが『必要なことは何でも言え』と言ってくれたので、すごく言いやすかった。謙三さんの時は協会に対して何も言えなかった。オフトジャパンになって要求することができるようになった」

 当時、Jリーグが誕生して選手がアマチュアからプロに変わったように、代表も大きく変化していたが、それでもW杯出場には手が届かなかった悔しい歴史である。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し