芸能

佐々木萌香「小学5年生までは太っている人生でした」/テリー伊藤対談(2)

テリー この中でお気に入りはどれ?

佐々木 いちばん最初のページの飛行機が飛んでる写真です。まずこの写真集を開いた時に、これから始まる旅のワクワク感がすごい伝わって、いい写真が撮れたなって。

テリー これ、偶然じゃないんだよね。

佐々木 はい。この飛行機、1日に数本とかしか飛んでないんですよ。なので、この1枚を撮るために着陸時間を調べたり、「こっちから飛んでくるから、ここに座って」とか、みんなで一生懸命計算して、一発勝負みたいな感じで撮った1枚です。

テリー へぇ、苦労したんだ。その話を聞いてから見ると、受ける感じも変わるな。じゃあ、萌香さん的にいちばん攻めた写真っていうと?

佐々木 これですかね(と写真集をめくってテリーに見せる)。

テリー おおっ、お尻丸出し!

佐々木 はい(笑)。今まではどんなに露出が高くても絶対に布があったんですけど、ここまでシースルーでお尻が露わになってるのは、今回が初めてだと思います。

テリー もうグラビアを始めて2年ぐらいでしょう。どうですか、グラビア人生は。

佐々木 楽しいですね。こうやって写真集を出せたり、DVDもこの前8枚目を出させていただいて、もう9本目も撮らせていただいてるんですよ。どんどん新しいお仕事が決まって、空港で働いていた時の自分とは全然違う世界で、面白いですね。

テリー その一方でさ、グラビアアイドルって体型を維持する必要があるじゃない。今25歳でしょう。そうすると、「今まではたくさん食べても平気だったのに」とか、そういう変化はない?

佐々木 私、苦労人なんですよ。

テリー 苦労人って何?

佐々木 生まれた時からずっと太ってる人生で、真ん丸で「星のカービィ」みたいだったんですよ。何でも吸い込む、何でも食べる(笑)。

テリー 太る体質だったの?

佐々木 そうなんですよ。お父さんがそういう家系でけっこう太っていて。炭酸ジュースとかジャンクフードが大好きで、私もお父さんが食べてると「ちょうだい」みたいな感じで、子供の頃からマックとかしょっちゅう食べてたんです。

テリー お父さんが「今日はマックシェイク飲むぞ」って言って。

佐々木 「ポテト食べるぞ」とか(笑)。

テリー いくつぐらいまで太ってたの?

佐々木 確実に小学5年生までは太っている人生でした。そこから女の子のティーン雑誌を読み始めて、あこがれのモデルちゃんが生まれて。次第に自分磨きをするようになって、ちょっとずつ痩せたかなっていう感じです。

テリー 今は暴飲暴食は?

佐々木 これを食べたら明日に響くなとか、ヤバいんじゃないかなって思うものは避けるようにしてるんですけど。

テリー 今も実家だっけ。

佐々木 はい。前にコロナの時に実家に戻ったって話をしたと思うんですけど、その時からずっといます。

テリー ご両親はいくつ。

佐々木 56とかです。

テリー じゃあ、ご両親喜んでるでしょう。可愛い娘が帰ってきてくれて。

佐々木 そうですね。でも、洋服とか水着とか衣装がたくさんあるし、いちばん荷物が多いので。それでもたくさん処分したんですけど、邪魔者扱いされてますね(笑)。

ゲスト:佐々木萌香(ささき・もえか)1997年、埼玉県生まれ。20歳の時にスカウトされ、2019年、レースクイーンとしてデビュー。その後グラビア活動を始め、「グラビア・オブ・ザ・イヤー2021」の「ネクスト・ブレイク賞」や「記者・編集者が選ぶグラドルアワード2022」のグランプリを受賞するなど、多くの賞を受賞。最新DVD「萌香に恋して」(イーネット・フロンティア)発売中。12月2日、「佐々木萌香 Vol.2 トレーディングカード」(ヒッツ)発売予定。ファースト写真集「いちばん。」(小社刊)発売中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に