事件

迷走巨人 清武クーデターの波紋(4)泥沼内紛は「朝日vs読売」の代理戦争だった!

 騒動の真っ最中、清武氏は読売新聞のライバルである朝日新聞の単独インタビューを受け、テレビ朝日の番組に軒並み出演した。実は「清武VSナベツネ」紛争は、「朝日VS読売」の形を変えた戦争であり、その裏には、読売潰しをニラむ「電撃移籍計画」が存在するというのだ。

 11月26日、朝日新聞に清武氏のインタビュー記事が掲載された。2回目の会見を開いた翌日の1ページ全面を使った大々的なものだった。「巨人軍は誰のものか」と題し、清武氏はあらためて、巨人および渡邉会長の猛烈な批判を展開した。
 それと前後して、清武氏はテレビ朝日系の「スーパーJチャンネル」「報道ステーションSUNDAY」に、立て続けに出演。読売の最大のライバルである朝日との「連携」は、みずからをクビにした読売にケンカを売っているかのようである。
「実は清武氏が朝日新聞の顧問に就任する約束ができている、との情報が流れたんです」
 こう話すのは、朝日新聞関係者である。
「朝日新聞グループは、清武氏を取り込めば、ライバル読売の内情や情報を聞けると考えている。清武氏はまさにもってこいの人物です。すでに水面下で接触しているといい、報酬も月100万円以上は保証されるだろうと見られています」
 清武氏獲得で朝日が入手をもくろむ「極秘情報」とはいったい何か。読売グループ関係者が説明する。
「清武氏が持ち出すのは、まず巨人の内情。例えばですが、実は××選手獲得のためにこれだけ金を使っていた、などという暴露話です。これは巨人、読売にとって痛手です。さらには、問題になった押し紙の実情や渡邉会長に関する疑惑の類い。あるいは、読売のこの記者は優秀だから引き抜いたらどうか、などの提案ですね」
 清武氏は先の朝日新聞のインタビューでも、さまざまなことを暴露している。例えば、
「(渡邉)会長は、江川さんの年収は1億円の半分ほどだから、こっち(読売)が1億円ぐらい出せばうちに来るんだ、とも言った。それに、江川さんとの交渉や『身体検査』は本社サイドでやる、とのことでした」
 そして「今後、さらなる暴露があるのではないか、と見られています」という質問に対し、
「あるともないとも言いません。(訴訟で)闘う前に手の内をさらすわけないでしょう。でも闘い方は正論、王道を行きますよ」
 と不気味な宣言をしているのだ。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?