事件

迷走巨人 清武クーデターの波紋(4)泥沼内紛は「朝日vs読売」の代理戦争だった!

 騒動の真っ最中、清武氏は読売新聞のライバルである朝日新聞の単独インタビューを受け、テレビ朝日の番組に軒並み出演した。実は「清武VSナベツネ」紛争は、「朝日VS読売」の形を変えた戦争であり、その裏には、読売潰しをニラむ「電撃移籍計画」が存在するというのだ。

 11月26日、朝日新聞に清武氏のインタビュー記事が掲載された。2回目の会見を開いた翌日の1ページ全面を使った大々的なものだった。「巨人軍は誰のものか」と題し、清武氏はあらためて、巨人および渡邉会長の猛烈な批判を展開した。
 それと前後して、清武氏はテレビ朝日系の「スーパーJチャンネル」「報道ステーションSUNDAY」に、立て続けに出演。読売の最大のライバルである朝日との「連携」は、みずからをクビにした読売にケンカを売っているかのようである。
「実は清武氏が朝日新聞の顧問に就任する約束ができている、との情報が流れたんです」
 こう話すのは、朝日新聞関係者である。
「朝日新聞グループは、清武氏を取り込めば、ライバル読売の内情や情報を聞けると考えている。清武氏はまさにもってこいの人物です。すでに水面下で接触しているといい、報酬も月100万円以上は保証されるだろうと見られています」
 清武氏獲得で朝日が入手をもくろむ「極秘情報」とはいったい何か。読売グループ関係者が説明する。
「清武氏が持ち出すのは、まず巨人の内情。例えばですが、実は××選手獲得のためにこれだけ金を使っていた、などという暴露話です。これは巨人、読売にとって痛手です。さらには、問題になった押し紙の実情や渡邉会長に関する疑惑の類い。あるいは、読売のこの記者は優秀だから引き抜いたらどうか、などの提案ですね」
 清武氏は先の朝日新聞のインタビューでも、さまざまなことを暴露している。例えば、
「(渡邉)会長は、江川さんの年収は1億円の半分ほどだから、こっち(読売)が1億円ぐらい出せばうちに来るんだ、とも言った。それに、江川さんとの交渉や『身体検査』は本社サイドでやる、とのことでした」
 そして「今後、さらなる暴露があるのではないか、と見られています」という質問に対し、
「あるともないとも言いません。(訴訟で)闘う前に手の内をさらすわけないでしょう。でも闘い方は正論、王道を行きますよ」
 と不気味な宣言をしているのだ。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
鷲見玲奈のジム動画、「バーのバスト食い込み」に「ヒップの張り」も鮮明だった!
3
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声