スポーツ

世界の福本豊<プロ野球“足攻爆談!”>「阪神・中野のGグラブ賞は価値あり」

 ゴールデン・グラブ賞が発表されて、日本一に輝いた阪神から最多の5選手が選ばれた。捕手・坂本、一塁・大山、二塁・中野、遊撃・木浪、センターの近本が外野で受賞。昔からセンターラインの守りがしっかりしているチームは強いと言われており、今年の阪神が改めて証明した。5人ともホンマにタイトルにふさわしい守備をしていた。

 中でも見事だったのは、ショートからのコンバート1年目で受賞した中野。二塁で使ってくれた岡田監督に感謝しなアカン。足の速さを生かした守備範囲の広さは目を見張るものがあったし、スローイングも安定していた。何より遊撃・木浪との息の合ったプレーで12球団最多の併殺数につなげた。ほとんどのチームが二遊間を固定できなかったが、この2人は試合を重ねるに連れてうまくなっていった。

 中野が他の部門より価値があるのは、菊池(広島)の11年連続の受賞を阻んだこと。誰もが認める名手からタイトルを奪うのは並大抵ではない。今年の菊池の動きが悪くなったわけではなく、さすがやなと唸るプレーを何度も見せていた。実際に守備率9割9分5厘は、中野の9割8分8厘を上回っている。記者投票の差はわずか3票だけ。評価が分かれたのは、フルイニング出場の中野に対して、菊池は120試合にとどまったことやと思う。

 実は、菊池の連続受賞は個人的に注目していたから少し残念に思う。自慢になってしまうけど、連続受賞の記録は僕の12年。あと2年に迫っていたので、追いついてほしいなと思っていた。そうすると、また僕の名前をメディアが出してくれる。僕の現役時代を知らない若い人たちにも知ってもらえる機会になったはずだから。残念ながら記録は途切れたけど、それでも10年連続は大したもの。山本浩二さん、秋山幸二と並ぶ2位タイの記録になった。

 選手の立場からすると、守備での表彰はまた違う喜びがある。一生懸命にやっていれば、見てくれている人がいると実感するから。僕も1975年の受賞は特にうれしかった。日本シリーズで広島を下して、球団初の日本一に輝いたシーズン。全試合に出場して盗塁王は取ったけど、打撃はスランプで2割5分9厘しか残せなかった。チームとしては喜ばしい成績やけど、自分としては反省の多い1年だった。それでも守備の賞をいただけた時は、自分も優勝に貢献したことを認めてもらえたようでうれしかった。

 この賞が創設されたのは72年からで、当時はダイヤモンドグラブ賞という名称やった。僕の4年目シーズンから賞が始まって、第1回目から受賞させてもらえた。守備でも表彰してもらえることは励みになったし、賞に恥じないプレーをしないといけないと思った。でも、もっと前からあったら、あと2、3回はもらえていたのに‥‥。まあ、それは冗談として、連続回数だけでなく、受賞回数12度も歴代最多で、いまだに破られていない。2位の11度が伊東勤と秋山幸二。僕の記録に追いつきそうで追いつけなかった。

 菊池は連続回数こそ止まったけど、来年は中野からタイトルを奪い返して、僕の記録を追い越すことを目標にやってほしい。まだ33歳で老け込む年齢やない。下半身を徹底的に鍛えて、試合を休まずに出られるようになれば、11回目の受賞も見えてくる。

福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コチ、2軍監督などを歴任。2002年、野球殿堂入り。現在はサンテレビ、ABCラジオ、スポーツ報知で解説。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…