芸能

「ミスかくし芸」森川葵がスポーツスタッキング・アジア大会で「金銀銅メダル制覇」奇跡のSP映像

 私が「スポーツスタッキング」の存在を知ったのは、「それって!?実際どうなの課」(日本テレビ系)で、女優・森川葵がこの競技に挑戦した回を見た時だった。「スポーツスタッキング」とは、プラスチック製のカップを決められた形に積み上げたり崩したりして、そのタイムを競うスポーツだ。森川は韓国で開催されたスポーツスタッキングのアジア大会(11月19日まで開催)に日本代表として出場し、団体で金、ペアで銀、個人で銅のメダルを獲得している。

 今まで森川が同番組で挑戦したのは、この「スポーツスタッキング」だけでなく、「金魚すくい」「クレーンゲーム」「石投げ水切り」「ロックバランシング」「ダイススタッキング」「テーブルクロス引き」「ヨーヨー」「ア-チェリートリックショット」「アーティスティックビリヤード」などなど。ほかにも様々な競技や大道芸の高難度スゴ技に挑んでいる。

 その都度、その道の達人が森川を指導するのだが、毎回、限られた撮影時間の中で、達人も舌を巻くほどの速さで上達する森川。番組ではそんな森川を「ワイルドスピード森川」と呼ぶ。

 従来、バラエティー番組でこの手の挑戦をやる場合、苦労の末にようやく成功するというのがお約束の展開だが、森川の場合、ほぼどの挑戦でも、いわゆる「バラエティーの法定速度」を守らない速さで次々とお題をクリアしていくのだ。「天賦の才」というか、そのセンスの良さには毎回、唸らされるばかり。

 いつになく苦戦した時も「できる。できる」と自分に言い聞かせ、疲労の跡が見え始めても「もう一回、もう一回」と挑戦し続ける姿に、こちらも拳を握りしめ、息を飲んで見入ってしまう。

 毎回あまりのスピードでクリアしていく森川の姿に「ヤラセじゃないか」などと疑念の言葉を口にする一部の心ない視聴者もいるようだが、アジア大会での躍進をもって、森川が今まで見せてきた数々の奇跡が本物だったことが、改めて証明された形だ。

 かつてお正月に放送されていた「新春かくし芸大会」(フジテレビ系)で大技を披露して「ミスターかくし芸」と呼ばれた堺正章の衣鉢を継ぐ存在として、森川を「ミスかくし芸」の異名で呼ぶこともあったが、かくし芸どころかメダル獲得のこの快挙に、心から拍手を送りたい。

 なお、今回のスポーツスタッキングアジア大会での様子は、11月28日19時から「それって!?実際どうなの課 ゴールデン2時間SP」で放送されるとのこと。さらなる高みに到達した森川の、奇跡の集大成を見逃すな!

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」