スポーツ

【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」

 今年のサッカーJ1は、ヴィッセル神戸が創設29年目に初の優勝を果たした。

 歓喜の輪の中心にいたのが、2004年に神戸市などが出資しながらJリーグで「不良債権化」していた神戸を獲得した楽天グループの三木谷浩史会長である。たどり着いたサッカー日本一に自身の「X」(旧ツイッター)で「続けてきて良かった。ありがとう」とのみ発信していた。

 神戸の優勝で、三木谷会長は野球(楽天)サッカー(神戸)の日本の2つのプロスポーツを制覇したことになる。神戸の初優勝の原動力となったのは「三木谷補強」と言われる巨額投資だ。世界トップクラスの選手をかき集め、2018年にはスペイン代表のイニエスタを獲得。同年から今年までの6年間で、三木谷会長は神戸の強化になんと総額300億円以上の補強を敢行。これは世界のトップクラブと比べてもなんら遜色ない金額だ。

 ただ、三木谷会長は優勝会見で「これを一過性のもので終わらせないように、今後も(楽天)グループ、ヴィッセル神戸全体で取り組んでいきたい」とコメントしたものの、そのハードルは高い。20億円の年俸を払っていたイニエスタこそ退団したが、4億円のFW大迫勇也、1.8億円DF酒井高徳の契約が今季で満了になるためだ。

「神戸のフロントは双方について契約更新を希望していますが、2人にしてみれば当然年俸が上がるとおもっていますし、それ以外の選手も当然、それなりのボーナスを期待していますからね」(神戸担当記者)

 ちなみにJ1選手の平均年俸は3000万円台をキープしているが、どのクラブもコロナ禍からの経営難から完全復活はしておらず、大迫の4億円を筆頭に1億超えの高額年俸を払えるクラブはごくわずか。神戸は歓喜の優勝のウラで選手との「銭闘」が待ち受けている。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」