スポーツ

【新発覚】大麻常習者は10人もいた!日本大学アメフト部は「同好会からやり直しても意味なし」

 日本大学は薬物事件で3人の逮捕者を出したアメリカンフットボール部を、廃部にすると決めた。11月27日には警視庁薬物銃器対策課が、密売人から大麻とみられる違法薬物を購入したなどとして、麻薬特例法違反の疑いで、新たにアメフト部3年生の部員を逮捕したばかりだった。部員への聞き取りで、寮には違法薬物を使用するための「大麻部屋」の存在も明らかになった。

 最初の逮捕者となったアメフト部3年生の北畠成文被告は12月1日の初公判で、仰天の証言をしている。冒頭陳述では、北畠被告が高校生からの大麻常習者だったと指摘。そして「アメフト部の寮の屋上や部屋で、友人らと薬物を使用していた」ことが明かされ、続けて検察官が被告に「アメフト部で何人ぐらいが薬物を使っていたのか」を問われると、北畠被告は次のように答えたのだった。

「(大麻を吸っていたのは)10人程度だったと思う」

 寮内の空き部屋に集まり、月1回から週数回の頻度で大麻を使用していたという。検察側は懲役1年6月を求刑した。

 戦前の1940年に創設、83年の歴史がある日大アメフト部の廃部に、テレビコメンテーターからネットユーザーまで「真面目に取り組んでいた選手が可哀想」「人生を左右する」「人権侵害」と部員に同情する声もあるのだが…。

 ここで疑問がよぎる。何をもって「真面目に取り組んでいた選手」の線引きをするのか。大麻は血液検査なら使用後3日以内、尿検査なら1週間以内に採取しないと大麻成分が検出されない、と言われる。日大がアメフト部合宿所で大麻片を発見したのは7月6日で、警察に連絡したのは18日。警察がこの時点で部員全員に尿の提出を求めても大麻成分が抜けてしまった後で、日大が組織ぐるみで警察の捜査妨害をしたと疑われても仕方がない。逮捕された3人以外の部員の「潔白を証明する機会」は永遠に失われてしまった。

 大学側の対応のマズさもあるが、日本大学OGの岩崎恭子は、バルセロナ五輪競泳で金メダルを取った14歳からドーピング検査を受けている。五輪強化選手はたとえ中学生でも、薬と検査についての知識を持っているし、トイレに係員が同行する国際大会の尿検査には、一人で対応しなければならない。

 片やアメフト部は大学生にもなって、植物片が発見されてから廃部までの半年間、教職員や監督の指示を待たないと何も動けず。自ら尿検査や毛髪検査を申し出なかったのだろうか。

 廃部後、OBの支援で同好会からやり直したとしても「自分で考え、行動することもできない大学生アスリート」がまた育つのであれば、廃部処分に何の意味もない。

 大麻使用疑惑がグレーのままで、他大学のアメフト部やクラブチーム、社会人チームはすんなり受け入れてくれるほど甘いのか。一部メディアでは日大OBの薬物使用疑惑も報じられ、悪質タックル事件の処分も他競技では考えられないくらいユルかったことを思い出して、すっかり興が醒めた。せっかく土屋太鳳の姉・土屋炎伽が美しすぎるチアリーダーとして社会人アメフトリーグを盛り上げているのに、Xリーグを一度も観戦しないままシーズンが終わりそうだ。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」