社会

【南海トラフ巨大地震】東南アジアの噴火・地震頻発と「冬」時期の不気味な関係

 12日3日夜、インドネシアのスマトラ島にあるマラピ火山で大規模な噴火が発生。AP通信によれば登山者が噴煙に巻き込まれ、5日までに22人の死亡が確認されているという。またフィリピンのミンダナオ島付近では2日から4日かけ、M7クラスの大きな地震が起きており、2日の地震では日本にまで津波が到達した。

 このところ、太平洋地域でこうした大規模な地震や噴火が相次ぎ、日本への影響を懸念する専門家もいる。

 サイエンスライタ―が言う。

「太平洋を取り巻く環太平洋造山帯は目下活発化しています。11月には南太平洋のパプアニューギニアのウラウン火山で大規模噴火が発生。昨年1月にも南太平洋トンガ沖の海底火山が大噴火を起こし、日本の太平洋岸の潮位が1メートルも上昇している。今回噴火したマラピ山もミンダナオ島から約2700キロ離れているものの、一連の地下活動の活性化に伴う噴火と考えられます」

 環太平洋造山帯でも、この地域は太平洋プレート、オーストラリアプレート、フィリピン海プレートが複雑に入り組んだ地域。そしてフィリピン海プレートは日本列島付近でユーラシアプレートの下に沈み込んでおり、このひずみの蓄積がいつ発生してもおかしくないとされる南海トラフ巨大地震に直結すると言われる。

「それだけに、今回の東南アジア地域の地震活動と火山活動は不気味です。ちなみに、南海トラフに関連する地震は前回の昭和南海地震(1946年)、昭和東南海地震(44年)、安政東海地震(1854年)と、12月に発生することが多い。地震を引き起こす要因として、寒暖差や冬の気温低下も指摘されており、この冬は不安要素が揃っています」(前出・サイエンスライター)

 警戒するに越したことはない。

(蓮見茂)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」