スポーツ

城彰二のヴィッセル神戸初優勝の解説動画が「ゲーム見たまんま」の物足りなさ

 サッカー元日本代表の城彰二氏が自身のYouTubeで、ヴィッセル神戸が今シーズンJ1リーグで初優勝を果たした要因を語っていたが、視聴者の反応はイマイチだったようだ。

 神戸は大迫勇也、武藤嘉紀を中心とした攻撃陣が武器だが、

「失点が29と少なく、ディフェンスがまとまっていた。システムは基本が4-1-2-3で、やることがはっきりしていて良いチームバランスだった。GKの前川選手の力も出た。ビッグセーブを連発した」

 と、勝因は安定した守備陣にあるとしたものの、その内容は「見たまんま」。また大迫の力も大きく、代表に呼ぶべきだと以下のように力説したが…。

「ボールをキープできる選手で攻撃にバリエーションが持てる選手。自分でも点を取れるし、周りの選手も活かせる。代表チームに与える影響は大きい。大迫選手と一緒にプレーすることで他のFWがパワーアップできるし、アドバイスももらえるはず」

 それでいて「優勝したことで森保(一)監督は大迫を呼びにくくなった」としており、肝心な理由は明らかにされていない。

 また横浜F・マリノスで共にプレーした吉田孝行監督について、

「監督やって辞めさせられて、チームの違う部署に入って外国籍の監督が来てダメってなったらまた監督になって、けっこうな扱いをされた。でもこれで優勝監督だからすごいよ。おめでとう。本当によかったと思います」

 と祝福しているものの、やはり具体的な指摘はなく全体的にとりとめのない内容で、コメント欄には「さすがミスターダイジェスト」「何が面白いのか教えてほしい」と批判的な声が続出してたのだった。

 もう少し内容を充実させたほうがよさそう!?

 (鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】