スポーツ

「彼がいなければ日本人選手を獲ることはなかった」大谷翔平より前に存在していたドジャースの「レジェンド日本人」

 満場一致での2度目のMVP選出に、ベーブ・ルース以来となる規格外の二刀流選手といえど、なぜドジャースは日本人選手と史上最高額となる10年1015億円で契約したのか。それはドジャースが「日本人なら信用できる」と確信するレジェンドの存在があったからだ。

 それはアイク生原氏。1992年に亡くなるまで、ドジャース球団オーナー補佐を務めた日本人である。

 生原氏は早稲田大学野球部出身。社会人野球を経て、現在の野球日本代表、井端弘和監督の出身大学でもある亜細亜大学の監督に就任する。亜細亜大学を東都3部リーグから1部に昇格させる手腕があったものの、自らの指導法に疑問を抱き、1965年に渡米。ドジャース傘下マイナーチームの用具係に転がり込む。用具係というと聞こえはいいが、最初の仕事は「スパイク磨き」だったという。

 来季のメジャー開幕戦を韓国で開催するなど、アジア市場に熱視線を送るドジャースも、60年前は太平洋戦争の影響が燻っており、アジア人への差別は根強かった。今でもメジャー球団のベンチは、口の中の土ぼこりをペッと吐き出すツバやら、ガムやヒマワリの種のカスやらで汚い。1960年代ともなれば、噛みタバコやガムの残骸は現在の比ではない。そんなゴミ箱をひっくり返したようなベンチで、汚れたスパイクを大学野球部の名監督が磨き上げていたのだ。

 仕事は丁寧かつ研究熱心。豊臣秀吉が草履持ちから立身出世したように、「スパイク磨き」から正規球団職員、さらには当時の球団オーナー、ピーター・オマリー一族の信頼を得て、2代目のオマリー会長補佐に登りつめる。

 野茂英雄がドジャース入りする3年前に他界してしまったが、オマリー会長は野茂との契約に際し、

「アイクと知り合っていなかったら、日本人投手を獲るつもりはなかった」

 とまで言っている。

 日本人とドジャースには60年近い縁があるのだから、球団オーナーが全米屈指の投資家マーク・ウォルター氏に代わっても、ドジャースが獲りに手を挙げた時点で、他球団はコールド負けすることは分かりきっていた。

 実は大谷のドジャース移籍報道に、アイク生原氏のアの字も出てこないことにモヤモヤしていた。筆者が駆け出し記者の頃、都内の新聞社内でBSメジャーリーグ中継をにらみながらドジャース・野茂の投球スコアを記録していると、隣で野茂の一球一球に熱いまなざしを送る「ドジャースおじさん」がいた。とにかく野茂がマウンドを降りるまで、黙って見ている。そのくせ、NBAレイカーズにも詳しい。謎はすぐに解けた。「ドジャースおじさん」は生原氏の実弟だったのだ。

 ドジャースタジアムのマウンドに立った歴代7人の日本人投手はもちろん、大谷がドジャーブルーのユニフォームに袖を通すのを誰よりも見たかったのは、ロス郊外ホーリークロスの丘でオマリー元会長の傍らに永眠する、生原氏だろう。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった