芸能

映画賞レース候補にぜひ加えたい「春画先生」の「ありえない設定」と解放感/大高宏雄の「映画一直線」

 今年の映画賞レースが始まっているが、何本かの注目作品が候補にも入ってこない。作品評価が低いのか、賛否両論があるのか、よくわからない。その1本に挙げたいのが塩田明彦監督、内野聖陽主演の「春画先生」だ。これが実に奇態で、面白い作品であった。

 冒頭から意表をつく。いきなり、春画先生と呼ばれている春画の研究家(内野)が、喫茶店内で地震が起こったすぐ後、そこで働く女性・弓子を呼び止める。

 自身所有の春画を見せると、興味があったら家に来て下さいと誘うのだ。しかも女性がウキウキしながら家を訪れるシーンが続く。今の時代に、ありえない設定だ。先生の行為はセクハラまがいとも受け取れる。女性の行動もリアルさからは距離がある。

 ところがその時点で、増村保造だなと、すぐにわかる。1950年代末から大映などで大活躍した、巨匠監督である。感情、欲望をストレートに吐き出す直情径行の人物造形に定評がある。日本的な情緒性を極力排除した監督だ。人の言葉、行動の曖昧さを嫌った。

 とはいえ、増村作品は破天荒すぎて、70年代に名画座で多くの作品を見た時でも、かなり「際どい」感じもあった。ましてや今の時代であれば、拒否感を示す人がいても不思議ではない。そんな冒頭シーンだった。

 赴いた先生の家で、弓子は春画の「核心部分」に動揺を隠せないが、先生からそこ以外を見ることを指摘されると、目を輝かせる。春画の魅力である、細やかで緻密な描写に気づくのだ。

 春画との出会いから導かれたかのように、弓子は行動を大胆にさせていく。不確かな感情、欲望(性的側面を含めて)が、春画によって解き放されていく風に描かれる。

 このあたりの描写から、不思議な感覚に陥ってくる。観客もまた、時折挿入される春画の交合以外の細部を見るようになるからだ。人物の生々しい姿態、ほつれ毛、着物のあでやかさ。人のぬくもり、生命の息吹が、伸びやかに迫ってくる。観客が弓子の解放部分の芯に共鳴、共振していくと言ったらいいか。

 弓子を、北香那が演じる。どちらかというと、おしとやか、おとなしそうに見える風貌の弓子だが、北が役を演じ始めると、妙な獰猛さが画面を覆ってくる。そこから奔放さが溢れ出る感じである。

 本作は、春画に漲る生命力にインスパイアされた弓子が、自身の内面の旅に向かう話にも思える。曖昧な内面が形を伴い、肉体から突き出てくる。人間の本質とは、全くもってわからないものである。

 映画賞は絶対ではない。今ほど映画の評価軸がバラバラな時代はないのではないか。その思いを強くしつつ、だからこそ「春画先生」をお勧めする。

(大高宏雄)

映画ジャーナリスト。キネマ旬報「大高宏雄のファイト・シネクラブ」、毎日新聞「チャートの裏側」などを連載。新著「アメリカ映画に明日はあるか」(ハモニカブックス)など著書多数。1992年から毎年、独立系作品を中心とした映画賞「日本映画プロフェッショナル大賞(略称=日プロ大賞)」を主宰。2023年には32回目を迎えた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」