スポーツ

【森保ジャパン】格下のタイ相手に「前半無得点」で見えた「個人アピール」のドツボ

 日本サッカー史上初めての元日開催となった日本対タイ代表の試合は5-0の圧勝に終わった。しかし前半だけを見れば無得点。格下のタイを相手に無残な戦いぶりを繰り広げた。

 なぜこんな結果に終わったのか、元日本代表の福西崇史氏は問題点をこう指摘する。

「新しい選手が個人アピールをしようとしているのが伝わってきました。ただ、ボールを引き込む、呼び込む点は物足りなさを感じました。ボールを持ってから1人、2人はいけても、相手のブロックを崩せなかった。相手を崩すための変化がなかった」

 個人アピールをしようとして組織的な攻撃が組み立てられず、攻撃が単調になったことで相手の守備陣形を崩せなかったと分析したのである。

 後半、堂安律と中村敬斗が出場するとチーム状態は一変。福西氏は、

「ボールが持てるようになり、リズムよくボールを回せるようになったのでボランチの田中碧と佐野海舟が攻撃に加わるようになりました。2列目(堂安、中村)がボールを持つことで相手の陣形が崩れ、トップが相手ディフェンスを引き付けてスペースを作ってくれる」

 と組織的な攻撃ができたと評価。

 後半の攻撃がよくなった理由はもう1つあり、

「ペナルティエリアの中にボールや人が入れるようになったのが前半と後半の大きな違い。1点目は相手ディフェンスに当たってこぼれたボールを田中が決めた。2点目も南野拓実のシュートをGKが弾き、こぼれ球を中村が決めた。ペナルティエリアの中に入っていれば、こういう得点が生まれます。リスクはありますが、ペナルティエリアに入ることを心がけた方がいいと思います」

 と指摘した。1月12日から開催されるアジアカップカタール大会(日本代表の初戦は14日、対ベトナム)では、タイのように引いて守るチームと対戦することもある。その準備としてタイ代表との試合は意味があったと福西氏。教訓を活かしてアジア王者を掴んでほしいものだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】