スポーツ

ロッテ・佐々木朗希の「腫れもの扱い」が漂う契約更改直後「吉井理人監督とのツーショット」違和感

 12球団の大トリで契約を更改した千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が1月27日、会見した。条件は発表していないが、1年契約で現状維持の8000万円(金額は推定)が有力だ。

 会見では「なかなか公の場でコメントを出すことがなかったので、ファンの皆様に誤解などご心配をおかけしました」と話した佐々木は、このオフに球団とモメたメジャーリーグへのポスティング移籍について「入団当初から球団とはしっかりコミュニケーションをとって話して来ました」と続けた。

 ロッテ側は松本尚樹球団本部長が「決して佐々木朗希だけがワガママとか、ゴネたとかじゃない。こちらにも落ち度があったのでご理解いただきたい」と異例の弱気な釈明をする場面も。今季もロッテのユニフォームを着ることにはなったが、

「チーム方針としてこれまでも佐々木には『特別待遇』で接してきた。シーズン中はマネジメント会社による送迎なども許可している。今季の成績いかんにかかわらずポスティング移籍を認めたら、チーム内でも浮いた存在になりかねません」(ロッテ担当記者)

 佐々木は昨季の故障の際には吉井理人監督ともボタンのかけ違いがあった。このオフのポスティング移籍についても吉井監督は「自分だったら『球団に対してもうちょっと恩返ししてからじゃないとだめかな』と思ったりする」と否定的な発言をしている。そのため2人の溝も深まったと言われたが、この日、球団がSNSでツーショットを公開するなど友好関係のアピールがプンプンに漂い、佐々木に対する扱いは腫れ物に触るようなシーンがやたらと目立つ。

 佐々木が開幕から有無も言わせない活躍をしない限り、胸を張ってメジャーに行く姿は想像すらできない状況なのだ。

(小田龍司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…