社会

これはエイリアンかヒューマノイドか…タンザニアで発見された古代岩絵「人型の物体」

 アフリカ大陸の東側に位置し、世界最大級の野生動物保護区を有するのが、今なお手つかずの大自然を残すタンザニアだ。

 自然豊かなこの国は人類誕生の地としても知られ、歴史的スポットが目白押し。中でも中央部のドドマ州に位置する「コンドアのロック-アート遺跡群」は、世界遺産に登録される神秘的な場所である。

 そんなドドマ州の洞窟内にある岩の下で、まるで隠されるように描かれた岩絵が発見されている。2018年6月のことだ。古代遺跡に詳しいジャーナリストが解説する。

「岩絵には水牛やキリンなどの動物のほかに、角を生やした人型の物体と、それが人間をかみ砕いているようなものが描かれています。タンザニアの先住民族であるサンダウェ族の遠い祖先が描いたものだとしても、これまで見つかったものとは明らかにタッチが違うため、不思議な岩絵として話題になりました」

 それらの絵は不思議な構図もさることながら、重ね描きされた極めて珍しいもので、現代のサンダウェ族の伝統には、そのような手法はないという。このジャーナリストが続ける。

「ポーランドのヤギェウォ大学の研究者らによれば、これは岩の下に描かれていたことで太陽の光や雨水などから守られ、非常に保存状態がよかった。分析の結果、少なくとも数百年前には描かれていることがわかりました。ただ、現代のサンダウェ族には動物などを擬人化する習慣はなく、さらに人間がほかの生き物に変身するという言い伝えも見当たらない。ただ、洞窟には霊が宿っているとされ、彼らは祈りを捧げる際に洞窟を使うことが多いことから、絵はなんらかの儀式を描いたものではないかと推測されています」

 一方、絵画の専門家も、こんな興味深い見解を示している。

「この絵はもともと描かれていた古い絵に、重ね合わせないように描かれています。つまり古い絵に、その後の新たな展開を組み合わせているかのようにも見えるわけです。その昔、そんな高度な手法があったことには驚くばかりですが、人型の物体はどう見てもエイリアンか、ヒューマノイド」

 いったい誰がこの手法を古代人に伝授したのか。解明が待たれる。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング
5
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感