スポーツ

スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」

 高校通算最多記録の140本塁打を放ち、米国の名門スタンフォード大に進学する花巻東高校の佐々木麟太郎が進学決定後、初めて記者会見を開いた。

 花巻東といえば、佐々木の父親である佐々木洋監督が大谷翔平や菊池雄星に、夢を叶えるための9×9=81マスの「マンダラチャート」を書かせ、メイン目標に辿り着くための論理的思考力を養わせた教育方針が有名だ。会見での佐々木の言葉も、なかなかに奥が深かった。

「覚悟を持って決断しました。人生においての可能性をいかに広げていくのかが大事だと思っています。偏ることなく勉強も野球も両方100%で学んで、知識、知恵をつけて思考を磨いていきたい。野球の部分では技術、フィジカルの部分で教養をつけていきたい」

「まだまだ未熟ですが、2年後以降にMLB、またはNPBのドラフトで指名をいただけるチャンスもある。自分の粗削りな部分をレベルアップしたい。理想は2年後、3年後のドラフトで指名をいただければ嬉しい。それを選択肢のひとつとして考えています」

「学業と野球の二刀流」を目指す佐々木をバッシングする司会者や老害コメンテーターは、あまりに米国スポーツを知らなさすぎる。佐々木の大先輩にあたるタイガー・ウッズは大学2年生に上がるタイミングでプロ入りを表明し、スタンフォード大を中退。その7カ月後に史上最年少の21歳3カ月でマスターズを初優勝している。

 しかも佐々木は会見の最後に「経営学を学びたい」と意欲を語り、今から選手引退後のセカンドキャリアまで考えていることが明らかになった。

 大谷と山本由伸が移籍したドジャースが2012年に経営破綻寸前に陥った際、救済の手を差し伸べたのはNBAのレジェンド、元ロサンゼルス・レイカーズのマジック・ジョンソン氏と現オーナーのマーク・ウォルター氏らの出資グループだった。ジョンソン氏はレアル・マドリードから巨人やヤクルト、ソフトバンクまで、国内外の有名チームのユニフォームなどアパレル展開をするスポーツライセンス企業、ファナティクス社の役員も務めている。

 大谷はウォルター氏とGMが辞任したら自らもドジャースとの契約を解消する付帯条件をつけるほど、ウォルター氏に心酔している。佐々木が進路を決める際、大谷からロス流のスポーツビジネスにまで視野を広げて助言されている、と考えた方が自然だろう。

 今年の箱根駅伝で優勝した青山学院大学陸上部の原晋監督はフジテレビの報道番組で「佐々木君には東大に行ってほしかった」と話していたが、この発想が日本の大学スポーツの停滞を招いている。

 PL学園出身の巨人・桑田真澄2軍監督が早稲田大学を蹴って読売巨人軍に入る前、なんと40年以上も前から日本の大学野球は「個性的な高校球児」を潰すことが問題視されてきた。

 野茂英雄氏もイチロー氏も大谷も大学に進学せず、仰木彬氏や栗山英樹氏のような「個性を尊重する」指導者に恵まれたからメジャーに行けたのだし、桑田2軍監督が東京六大学を蹴ったおかげで、高校生アスリートが青山学院大学を目指し、元ホワイトソックスの井口資仁氏やレッドソックスの吉田正尚を生んだ。

 2028年ロス五輪を目指して、高校生アスリートが続々と佐々木のあとを追う日が来るかもしれない。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」