スポーツ

日本ハムで「清宮幸太郎不要論」が増幅中!キャンプ故障不在で「戻ってきても居場所が…」

 対外試合が好調の新庄・日本ハムで、清宮幸太郎の不要論が日増しに高まっている。北海度のテレビ局関係者は、現状について次のように話す。

「清宮は先乗りしていた沖縄県名護市の自主トレ中に、足を滑らせて転倒。左足関節捻挫で、実戦復帰まで約5週間といわれました。順調に回復しているようですが、実際の実戦復帰は3月後半になりそう。戻ってきても今のチームに居場所はないかもしれませんね」

 清宮は入団以降、長距離砲として期待されてきた。だが昨季は万波中正が大成長し、自己最多の25本塁打王を放った。さらに今季からはメジャーで108発の実績があるフランミル・レイエスを、各球団との争奪戦を制してチームに招き入れている。

 メジャーリーグ時代のレイエスの打撃は安定感に欠ける部分があり、新庄剛志監督も、

「シーズンが始まった瞬間、30打席ノーヒットみたいなパターンもあるから」

 と話すが、それは清宮も同じだろう。

 清宮は故障が多すぎる選手。2019年はオープン戦で手首を負傷し、実戦復帰に2カ月以上かかっている。昨年も4月20日のロッテ戦でハーフスイングをした際に、左脇腹を痛めて途中交代。左腹斜筋挫傷で、復帰したのは6月に入ってからだった。

 結局、この出遅れが響き、出場は99試合にとどまる。規定打席に到達せず、打率2割4分4厘、10本塁打、41打点に終わっている。数字だけを見れば、レギュラー定着にはほど遠い。スポーツ紙遊軍記者も、

「確かに人気はあるが、その程度の選手はゴロゴロいる。もう土壇場の選手だと思いますよ」

 と分析する選手だ。

 日本ハムは昨オフ、甲子園のスターでドラフト1位投手の吉田輝星を、オリックスに放出している。いくら人気選手でも、チーム力アップのためには優遇することはないチームだ。

「さすがに故障明けですから、シーズン中の戦力外扱いや移籍はないでしょう。でも昨年までのような成績なら、どうなるかからない。トレード要員や現役ドラフトのリストに入れられる可能性は十分にありますね」(前出・遊軍記者)

 スター性があり、潜在能力は疑うべくもない。だが、大化けするには環境を変えてあげるのも、球団としての親心かもしれない。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」