スポーツ

侍ジャパンが3月に無理やり駆り出される「欧州代表戦」はスポンサー向け「カネ儲け目的」

 野球日本代表「侍ジャパン」が3月6日、7日に京セラドーム大阪で行われる「侍ジャパンシリーズ2024 日本VS欧州代表」に挑む。強化試合という位置づけだが、なぜレギュラーシーズン開幕前の大事なこの時期に開催されるのか。テレビ局スタッフが明かす。

「いわゆる花相撲で、カネ儲け目的でスポンサー向けの大会です。盛り上がりに欠けそうではありますが、放映権も売り出されました。3月6日はTBS系列の地上波で19時から放送、3月7日はテレビ朝日系列で、こちらも19時からオンエアされます」

 商魂逞しく、3月7日の試合前に侍ジャパンの打撃練習を見学できる入場券は1500円で販売された。バックネットエリアからの見学になるという。

「出場選手は若手中心で、プロだけでなく大学生からも選出されました。関西大学の金丸夢斗投手、明治大学の宗山塁内野手、青山学院大学の西川史礁外野手、愛知工業大学の中村優斗投手が名を連ねています。一部、スポンサー等への顔見せで、主力の村上宗隆や源田壮亮、近藤健介も呼ばれましたが、選手間では『かわいそう』『調子が狂う』と言われ、不評です。レギュラーシーズンを優先したいと、選出をやんわりと水面下で辞退していた選手もいたようです」(スポーツ紙デスク)

 春、秋と侍ジャパン、日本代表の試合が次々と組まれる現状に、阪神タイガースの岡田彰布監督は以前、

「(国際試合が)多すぎる。やる必要ないと思う」

 と激怒。「アジアチャンピオンシップ」や「プレミア12」といった格下大会や親善試合、強化試合が多数開催される状況に疑問符をつけていた。大事な時期にテレビ局やスポンサーのカネ儲けのために駆り出される選手の身になるべきである。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え