スポーツ

巨人・小林誠司「657日ぶりコンビ復活」でも「衰えた菅野を援護する打力ゼロ」解決しない大問題

 打てないことでその名を轟かせている巨人・小林誠司が、開幕6戦目となった4月4日の中日戦で、336日ぶりにスタメンマスクをかぶった。

 この日の先発は同学年の盟友、菅野智之。2022年6月17日の中日戦以来、657日ぶりとなる先発バッテリーに、球場は大いに沸いた。菅野もベテランのリードに心の余裕ができたのか、この日は7回を投げ、打者23人に対して被安打4、自責点0で勝利投手となった。

 意外に思うかもしれないが、小林は巨人の中でもトップクラスの人気選手。ファンとしては、次の出場機会が気になるところだ。近年の菅野は大城卓三と組むイメージが強いが、今後は小林が専属捕手に返り咲く可能性もあろう。

 一方で懸念されるのはやはり、小林の「打撃力」だ。この日は、一邪飛、死球、一犠打、二飛に終わり、案の定、快音を響かせることはできなかった。ただ、6回の第3打席では無死一塁できっちり犠打を決め、バント好きの阿部慎之助監督をニンマリさせた。

 はたして今後、「スガコバ」は機能するのだろうか。スポーツライターが語る。

「小林が菅野専属になれば、大城を週一で休ませられるため、阿部監督の選手起用に余裕ができるでしょう。問題の打撃については、全盛期の菅野なら2点あれば勝利できたため、捕手の打力は大した問題にはなりませんでした。しかし全盛期を過ぎた現在は、下位打線にもそれなりの得点力が求められます。守備一辺倒の小林ではどうしても不安が残るため、菅野の調子によっては再びベンチを温めることになるのでは」

 小林ももう34歳。人気と菅野に頼ってばかりでは、その立場はたちどころに危うくなるのだ。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」