スポーツ

打てないドロ沼!西武ライオンズ「外国人が役立たず」「低打率の源田壮亮が中心」「若手伸びず」の三重苦

 1点が遠い。西武ライオンズが打線不発で最下位に沈んでいる。4月21日の楽天戦は高橋光成が7回1失点に抑えたが、打線が0得点で完封負けを喫した。チーム打率はわずか2割1分4厘。これではなかなか勝てない。スポーツジャーナリストが分析する。

「足を使うチームスタイルですが、攻撃のバリエーションが少なく、作戦がうまくいっていません。打てないのですから、松井稼頭央監督と平石洋介ヘッド兼打撃戦略コーチが積極的に動くべき。高橋や今井達也、隅田知一郎、平良海馬ら投手陣が揃っているので、得点できれば上昇していくはずですが」

 メジャーリーグ通算114発の大物外国人アギラーは期待外れ。もうひとりの長距離砲コルデロも「打てない、守れない」で2軍に落ちた。スポーツジャーナリストが続ける。

「外国人が役に立たない以上、オール日本人で戦わなければいけないのですが、主力の気配がよくありません。キャプテンの源田壮亮は2022年に超異例の年俸3億円、総額15億円プラス出来高の5年契約を結びましたが、打率は2割5分以下で、金額に見合った働きができているとは言い難い。最近では、伝統芸の守備でも衰えが出てきています。球団からすれば契約がまだ3年以上あり、不良債権になりつつあるようでは困る。脇役の源田がチームの要になっている時点で、厳しいですね」

 若手の成長が見込めず、若林楽人や長谷川信哉、岸潤一郎、佐藤龍世、児玉亮涼もパッとしない。結局、いつまで経っても栗山巧や中村剛也に依存しないといけないのだろうが、栗山は打率1割5分で4月21日に登録抹消。2軍で調整中だ。

 弱小獅子打線に、はたして明るい未来はやってくるか。

(渡辺優)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ