社会

京都「会館」の迷惑客問題が深刻化!「最も嫌われる行為」に店主が憤激のクレーム

 京都を代表する、町家の中に複数の酒場や立ち飲み店が入居する「会館」(写真は四富会館)。安く飲めることから、地元民のみならず、観光客からも人気が高いローカル飲み屋街として知られている。

 ところが、その会館が値上がりしている、という話を聞いた。会館に入る店のオーナーに値上げの理由を尋ねると、日本人旅行者のマナーの悪さが浮上した。

 狭い店内で大声で喋る、酒1杯で長時間居座る、などが挙げられたが、とりわけ迷惑なのが「ナンパ」だという。市内の会館に入る店の店主が憤慨する。

「ここ数年で会館がメディアに取り上げられるようになってから、日本人観光客が増加していますが、他の客への迷惑なナンパ行為が増えています。常連さんの中には不快に思う人がいるので、ウチの店ではナンパ禁止としているんですが、それでもあとを絶ちませんね」

 中には常連の女性客から直接、クレームを言われたことがあるほどのしつこい行為があったという。この店主が続ける。

「お客さん同士の交流も会館の醍醐味です。ただ、常連さんが不快になるナンパ行為をした場合は、出禁にすることもある。ナンパOKのネオ横丁と勘違いしているのかもしれませんが、京都の会館はあくまでも、地元のお客さんが第一です」

 ネオ横丁とは、数年前から日本各地で続々とオープンしている飲み屋街だ。昭和レトロな横丁の雰囲気を再現した飲食店施設で出会いを求めに来る男女は多い。そして横丁側もナンパ行為を黙認していることもある。

 そうしたネオ横丁が増えた頃あたりから、会館でのナンパも増えたと語る店主。迷惑ナンパを行う旅行客のせいで地元のリピーターを失っては、店側はたまったものではない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」