スポーツ

【日本ダービーを狙い撃つ】「GⅠコロガシ大作戦」第4弾!皐月賞馬ジャスティンミラノの単勝が「鉄板馬券」で紛れもない「3つの理由」

 筆者が本サイトで公開中の「GⅠコロガシ大作戦」は、天皇賞・春(京都・芝3200メートル)1着テーオーロイヤルの単勝1点勝負に続き、NHKマイルカップ(東京・芝1600メートル)1着ジャンタルマンタルの単勝1点勝負も的中となり、軍資金は8.12倍(テーオーロイヤルの単勝2.8倍×ジャンタルマンタルの単勝2.9倍)へとジャンプアップした。

 第3弾のオークス(東京・芝2400メートル)は、約8倍に増えた軍資金の半分を握りしめ、クイーンズウォークの複勝1点(2.7~4.7倍)で勝負。結果はクビ差の4着で惜しくもコロガシ3連勝を逃したが、競馬の祭典たる日本ダービーのための軍資金はまだ半分残っている。その残額を渾身の「1点勝負」にそっくりブチ込むつもりだ。

 ズバリ、狙いは皐月賞馬ジャスティンミラノ(牡3歳)の単勝1点。同馬の単勝が石より堅い「鉄板馬券」と考えられる理由は、以下の3点に集約することができる。

①皐月賞は「試走」だった

 そもそも、ジャスティンミラノ陣営は「日本ダービー」を今年上半期の最大目標としていた(逆に言えば、前走の皐月賞はあくまでも「試走」という位置付けだった)。

②嬉しい誤算

 にもかかわらず、ジャスティンミラノはレコード決着となった皐月賞で、コスモキュランダの猛追を凌いで優勝した(陣営にとっては、嬉しい誤算だった)。

③ペースもコースも不問

 全3勝(負けなし)の戦績を振り返ると、新馬戦(東京・芝2000メートル)とGⅢ・共同通信杯(東京・芝1800メートル)は、いずれもスローペースの上がり勝負。対して前走の皐月賞(中山・芝2000メートル)では、超のつく歴史的ハイペースをものともせずに差し切った。つまり、ジャスティンミラノは「ペース不問」「コース不問」という現役最強馬としての傑出した能力を、すでに示していることになる。

 中でも③のポイントは重要で、筆者の知る限り、若馬の段階でこのようなパフォーマンスを発揮できる競走馬は、間違いなく能力が一枚も二枚も抜けていると考えられるのだ。しかも、陣営が虎視眈々と狙いすましてきたのは、ダービーなのである。

 そこで結論。日本ダービーは3回にわたるコロガシ大作戦で約4倍にジャンプアップした軍資金の全てを賭けて、ジャンティンミラノの「単勝1点」で勝負したい。

 もとより、1番人気になることは織り込み済み。同馬の単勝が2倍くらいつけば、コロガシ大作戦としては大成功である。

(日高次郎/競馬アナリスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し