芸能

木下優樹菜もまったく笑えない!FUJIWARA藤本敏史が明かした「先月の給料6円」の実態がシュールすぎた

 2023年10月に起こした「当て逃げ事故」の影響で芸能活動を無期限停止し、今年2月から復帰した、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が自身の給料について驚きの金額を告白し、視聴者をのけ反らせた。

 5月26日に配信された「チャンスの時間」(ABEMA)に、藤本は上下チェック柄の長袖シャツと短パンのセットアップで登場し、MCの千鳥・ノブから「交差点みたい」と早速ツッコまれる始末。

 無論、当て逃げを想起させるツッコミだったわけだが、ぶ然とした藤本に対し、ノブが「アンタが轢いたの、どの交差点?」と畳みかけると、藤本が「轢いてないねん」と返す、そんなやり取りが行われた。

 5カ月の活動停止中は「ほぼ家にいた」という藤本は、映画を見るなどして過ごしていたようだが、活動停止直後はその前にやっていた仕事のギャラが入るはず。それまでの貯えが一般庶民以上と推察されることから、生活に困窮していたわけではなさそうだ。

 しかし、それも月日が経って、実際に仕事をしていなければ、収入がなくなっていくのは当然のこと。ノブの直球の質問が、藤本の笑えない現状をあぶり出してしまった。

 ノブが「先月の給料なんぼ?」と藤本にぶつけると、藤本は一瞬ひるんだものの「あの…6円です」と、真顔で衝撃の金額をぶっちゃけた。これにはノブは絶句状態だったが、芸能記者は6円の「理由」にこそ驚いたという。

「藤本いわく、昔出していた『ヘキサゴン』のDVD印税とのことでした。ヘキサゴン関連はいくつもDVDが出ていましたから、どのタイトルかはわかりませんが、藤本は『誰か買う人いてんねんな。1枚だけ』と続けていました。つまり、売り上げ1枚ごとに出演者には6円入る計算だったこともわかりましたね。スタジオは爆笑でしたが、まだあのDVDを買う人がいたのかと、驚嘆した視聴者は少なくなかったようです」

 藤本のテレビ復帰は3月23日に放送された「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)だったが、業界で言われる「2カ月後ルール」に従えば、さすがにそろそろ出演料が振り込まれる頃か。

 この日、藤本が「昔からお世話になってるもの(ヘキサゴン)に助けられる」と自虐的に言うと、ノブが突然「チョリース!」と、藤本の元妻である木下優樹菜の決め言葉をポーズ付きで叫んで、藤本をぶ然とさせていた。

 しかしよく考えると、藤本に「6円」が振り込まれたということは、同じDVDの出演者だった木下にも、先月は「6円」が入ったはず。何ともシュールな話ではある。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し