芸能

「サプライズ乱入」新垣結衣が星野源の「不倫騒動バッサリ」でクローズアップされる「バラエティー進出の謎」

 リスナーやファンが予期せぬ「サプライズ共演」だった。ミュージシャンの星野源がパーソナリティーを務める「星野源のオールナイトニッポン」に、妻の新垣結衣が生出演し、SNS上で拡散されている「星野の不倫疑惑」について、夫婦揃って否定したのだ。番組冒頭、星野は言った。

「100%やっていない、事実がひとつもないことで、日本中から憎悪を向けられた感覚になったんですよね、その経験は今まで一度もなくて本当に恐ろしかったし、そして自分以外の、妻も含めて仕事仲間とか、きっと今、辛い思いをしているだろうなと思うと、本当に悲しかったです」

 ナマ電話出演という形で乱入した新垣が、これに追随する。

「改めて私の口からもお伝えできればと思いまして。本当に今回のことで噂されていること、騒がれていることに、事実はひとつもありません。なので安心してもらいたい、という気持ちでお邪魔しました」

 根拠不明なネット上の「不倫疑惑」がここまで拡散する大騒動となったが、ここでクローズアップされるのは、新垣のモーレツな仕事ぶりだった。

 新垣は2021年に星野と結婚後、2023年の販売開始当初から出演していた「アサヒ生ビール マルエフ」のテレビCMを降板した。過去には小雪や上戸彩、石原さとみといったアルコール飲料の「顔」を担った女優陣が、妊娠・出産のタイミングでCM降板していることもあり、新垣の妊娠説が飛び出すことに。

 新垣は「オールナイトニッポン」に生出演した夜、バラエティー番組「家事ヤロウ!!!」(テレビ朝日系)にも登場。前髪をかなり短く切った「前髪パッツン」にイメージチェンジしていた。さらにレギュラー出演していた山下智久主演の医療ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が現在、再放送されている。

 結婚後も露出度が高いのは、新垣が「持っている女優」「人気者」の証左ではあるのだが、結婚して3年、いつ妊娠・出産を発表してもおかしくない状況で、バラエティー番組や朝の情報番組に精力的に出ているのが、なんとなく奇異に映るのも確かだ。スポーツ紙記者は次のように説明する。

「新垣は結婚と同時に長年所属していたプロダクションを退社しており、プロダクションの看板女優として仕事を入れねばならない立場でもない。星野のミュージシャン活動にしても、順風満帆です。出産と育児に備えて仕事をセーブするのかと思っていたのが、結婚から2年半後の昨年秋から、ガッキーらしくない情報番組に出始めた。『まさか離婚フラグでは…』とSNSに書かれたこともありました。そこに降って湧いた星野の『3年目の浮気』騒動ですからね…」

 凡庸さゆえ仕事と家庭の両立に悩む女性視聴者や女性消費者からすれば、結婚後も大手化粧品会社のイメージキャラクターを務め、NHK大河ドラマで活躍と、自身のペースで芸能活動できるガッキーほどの人気女優がなぜ、バラエティー番組に進出したのか。謎は深まるばかりだ。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し