芸能

【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し

 落語家の桂ざこばさんが6月12日、喘息のため大阪府の自宅で亡くなった。76歳だった。

 ざこばさんは3代目・桂米朝に師事し、1988年に2代目・桂ざこばを襲名。「バラエティー生活笑百科」(NHK)、「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ)、「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」(関西テレビ)などの番組で舌鋒鋭い話芸を見せた。

 そんな熟練の芸を見たさに、ファンが幾度となく訪れる秀逸なYouTube動画がある。それがYouTubeチャンネル〈VHS stack〉の、2016年1月9日の回だ。

 それはメッセンジャー・黒田有の番組「おしゃべり割烹 くろびかり」に、ざこばさんがゲスト出演し、名古屋の味噌煮込み店を訪れた際のエピソードを面白おかしく聞かせたワンシーン。

 高額料理がメニューに並んでおり、他の料理は無いのかと尋ねたところ、割安の商品メニューが差し出された。

「それで俺、腹立ってな。なんで高いもんからいくねん。気の弱いもん、それいくがな」

 自らを指さして、笑いを誘うのだ。ざこばさんはお酒と焼鳥目的で入店したのだが、店からは、味噌煮込みを1人1品頼むのがルールだと言われる。そこで返した言葉が、

「心配せんでも、味噌煮込み以上の酒飲んだるさかい」

 この言葉に、視聴者はグッときたようで、「何度聞いても格好いい、面白い。しびれる」「1週間前に見ましたが、師匠を偲んでまた見てます」などの書き込みが。視聴回数は250万回に迫る勢いだ。

 まさしく、色あせない噺なのである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】