芸能

そんなん言うたらアカンって!森香澄の「炎上自慢」に浜田雅功が冷めきったリアクション

 局アナからフリーに転身後、あざといキャラを前面に押し出して、バラエティー番組に引く手あまたなのが、元テレビ東京の森香澄だ。

 ところが、その押し出したキャラクターが世間の人たちの鼻につくのか、コトあるごとにかなりの頻度で炎上している。

 森はその胸の内を、6月14日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で打ち明けた。

 炎上した一例として話したのが、自身の写真集の「28歳という、まだ未熟だけど、子供ではない。大人のような。子供のような。そんな今の私がぎゅっと詰まった1冊になっています」というPR文。これは即座に、28歳で自分を子供だと思うことがあり得ないと、総ツッコミをくらってしまった。

 また、1年前に同番組に出演した際のエピソードも典型的な例として挙げていた。その日はコンプレックスについてトークする回だったが、森が「外見にコンプレックスがある」と一言発しただけで、大炎上してしまったという。本人にしてみれば「え、そんなことで?」というレベルのようだ。女性誌記者が話す。

「パッと見は美女が多いとはいえ、女優やタレントは普段から見た目について語られることが多い職業です。顔のパーツに自信がないところがあるなど、コンプレックスを抱いている人は少なくありません。タレントのメイクルームでは、そんな話ばかりが交わされていますからね。そういった意味で森は話したはずですが、視聴者から見れば『贅沢な悩み』にしか思えなかったのでしょう」

 実際に森のコメントの意図は、番組出演者にも伝わっていなかった。MCの浜田雅功は「まぁ~そうやろな~。そんなん言うたらアカンって」と、かなり冷めた口調で森を諭した。つまり、炎上するのが当たり前という指摘だ。

 一方で、森が炎上しやすいのは好感度に問題があると、前出の女性誌記者が話す。

「PRしていた写真集は、局アナからフリーになった先輩である田中みな実の写真集に次ぐ大ヒットを狙っていたと言われています。ところが、ヒットの部類には入りますが、期待以上の数字には至っていません。最近は『あざとい』が飽きられているという空気がありますし、田中のように女性ファンを取り込めなかったのは大きい」

 そんな森だが、6月11日に放送されたバラエティー番組「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)では、「毎日、男の子たちと合コンして、2、3人から言い寄られて、毎日違う人とご飯に行くみたいな」と、大学時代のモテ自慢を全開させていた。共演した矢口真里から、普通は隠すものとツッコまれても、森は「事実なんです」と、少しも悪びれていなかったが、事実かどうかの問題ではなく、炎上するのはそういうところなのだろう。

 つまり、その素顔はただの「炎上したい女子」なのかもしれない…。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】