スポーツ

サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変

 歯に衣着せぬ激烈な辛口批評をズバズバと展開するサッカー元日本代表・田中マルクス闘莉王氏はこれまで、森保一監督の采配をコキ下ろし、頼りないFW陣をヘボ呼ばわり。過激な言葉で日本代表をジャッジしてきた。先のシリア戦(W杯アジア2次予選)に関しても厳しい評価のオンパレードかと思いきや、まさかの大アマ採点が飛び出した。

 自身のYoutubeチャンネルで語ったのはまず、日本のウィークポイントとしてきたFWについて。この試合に先発出場した上田綺世を、こう褒めちぎったのである。

「上田選手は徐々に良くなってきている。ボールのもらい方、センタリングに対する入り方(がよくなっている)。ポストプレーがもう少し欲しい。思いきりのよさと、周りとの絡みが非常にいい。今日のヘディングの得点は、決して簡単なヘディングではない。力を入れすぎちゃうと上にいってしまうし、逆に力を入れないと枠までいかない。難しいレベルのヘディングだった」

 そして、上田をこう持ち上げて結んだ。

「細かいところが良くなれば、間違いなく日本のセンターフォワードは上田だって言えるぐらいの選手になってくる」

 さらに、久保建英にも高評価を与えた。

「よくボール触るんです。ミスしてもボール触るし、ミスに絡んで自信がなくなってもおかしくないようなプレーがあった後でも、また仕掛けてくる。精神的にすごく強い選手だなっていう感じがします。精神的な強さを、これからもどんどん生かしてもらいたい」

 2次予選の北朝鮮戦後、相馬勇紀のほうがいいと評価した中村敬斗についても、手のひらを返すような大絶賛のオンパレードで、

「面白い選手だなと、ずっと言ってきた。バリエーションがどんどん増えてきている。こんなに多くの引き出しがあるのかなと思いつつ、試合を見てきた。何よりも数字(結果)がいいです。シュート前に、ポジションをちゃんと取ってる。三笘選手がいない間にこの穴がどうなるんかなと、相馬選手なのかなって思ってたら、中村選手のいいサプライズです。シュートの良さ、周りとの絡み方、ポジショニングの取り方。最近、本当に点を取る人だなって思ってきてる。特に一発で決められる振りっていうのを持ってるんです。最近のMVPでもおかしくないです」

 闘莉王氏が日本代表の試合を採点したのは、3月21日に行われたアジア2次予選の北朝鮮戦以来、約2カ月半ぶりだ。この間に何があったのか。YouTubeでは、ブラジルで私財を投じて学校を作っていると発表したが、それと無関係ではなさそうだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】