スポーツ

今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男

 楽天イーグルスのセ・パ交流戦優勝は、球団創設20年で初めてのことだった。この快進撃により最大9あった借金を返済し、通算31勝31敗1分の勝率5割とした。今江敏晃監督は優勝インタビューで、こう語っている。

「交流戦の小さな頂ですけど、しっかりとシーズンを終わる時に大きな頂の景色を皆さんにお見せできるようにリセットして、目の前の試合を戦っていきたいと思います」

 冷酷な采配が大当たりした今江監督について、スポーツライターはこう語る。

「不振の島内宏明を2軍調整させ、浅村栄斗はスタメンから外し、鈴木大地を4番打者に据えるバクチが大成功しました。打線を解体してつなぐ野球を目指し、打線が強くなりましたね。使えない島内と浅村を干す厳しい決断を下すことで、チームにピリッとした緊張感が走り、引きしめになりました。小郷裕哉、村林一輝、辰巳涼介、渡辺佳明、太田光、小深田大翔が、監督の要求にしっかり応えました」

 投手力も回復して、交流戦は防御率2.29で抑え、鈴木翔天、宋家豪、酒居知史がきっちりと点数を守れるようになった。

「セ・リーグを細部まで研究できていました。偵察スコアラーの勝利でもあります。セ・リーグの打者が嫌がる高低を上手く使っていましたね。交流戦を優勝したことで、スコアラーなどの裏方には30万円ほどの臨時ボーナスが出ました。チーム一丸となっています」(前出・スポーツライター)

 そんなチームでカヤの外となっているのが、元エースで2軍降格中の田中将大だ。自身のSNSで〈僕は1日も早くまたマウンドに立つことが出来るように引き続き練習します〉と綴ったが、今季はまだ1試合も投げていない。推定年俸2億6000万円で、お荷物になっている状態だ。仙台メディア関係者は、

「あと3勝の通算200勝までは楽天が面倒を見る予定でしたが、フロントの信頼と後見がなくなり、今年限りで楽天を離れることが現実的になりつつあります。今江監督の冷酷さもあって、今年は特別待遇されなくなりました。若手と競争しなければ、登板はできません。競争に負ければ引退の危機に瀕します」

 今江監督によって、楽天が新しく生まれ変わろうとしている。

(渡辺優)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】