社会

オーバーツーリズムも大歓迎!地方ローカル鉄道を救う「外国人観光客向けサービス」

 コロナ禍が明けてインバウンド需要が復活し、日本各地に多くの外国人観光客が訪れている。最近ではオーバーツーリズムが問題になることが増えた。しかし、赤字にあえぐ地方ローカル線にとっては、オーバーツーリズムであっても、観光客が来てくれれば、それだけで大歓迎なのかもしれない。地方のローカル線の苦境を、鉄道ライターはこう解説する。

「地方で鉄道を利用するのは車を運転できない学生らですが、子供の数が減っているため、利用者は右肩下がりです。利用者を増やすには、観光客に来てもらうのが一番なんですが、観光列車を売りにする鉄道会社が増えた今、日本の鉄道好きは少し飽きているため、なかなか集客につながらない。そこで期待されているのが、海外からの観光客です」

 千葉県の銚子電鉄ではインバウンド戦略担当を置き、台湾からの観光客を積極的に招いている。

 JR東日本とJR北海道、青森鉄道、IGRいわて銀河鉄道は共同で、函館と東北エリアの路線に乗車できる「JR Tohoku-South Hokkaido Rail Pass」を販売。これは連続する6日間、3万円で乗り放題になるパスで、購入できるのは外国人観光客だけ。少しでも多くのインバウンド客を集めようとしているのだ。

 先の鉄道ライターは、山形県の山形鉄道フラワー長井線でこんな体験をしたと証言する。

「鉄道利用者が減る3月の平日に普通電車に乗ったのですが、多くの外国人観光客がいて驚きました。話を聞いたところ、台湾からやってきたグループで、地方ローカル線が目当てで日本を旅しているのだと。日本人にすれば、どこにでもある田園風景ですが、外国人観光客には目新しいようで、大喜びしていましたよ。山形鉄道は2人もアテンドをつけていましたが、車内で山形鉄道のグッズを販売し、飛ぶように売れているのを見て、2人もつけていることに納得しました。あのようなグループ客が頻繁に来てくれれば、経営はかなり楽になるはずです」

 日本の地方ローカル線のために、1人でも多くの外国人観光客に来てほしい。

(海野久泰)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】