スポーツ

大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」

 日本時間の6月21日のロッキーズ戦で、ナ・リーグ単独トップとなる21号を放った、ドジャースの大谷翔平。得意の6月に入り、前半こそはくすぶっていたが、12日のレンジャース戦で火がつくと、絶好調モードに。この日までの10試合で6本と量産体制に入っている。

 この本塁打攻勢に、日本のニュース番組やワイドショーの多くは真っ先に、まずは大谷情報を報告するという状況が続いている。当然、日本が誇る大谷の豪快な一撃に、お茶の間も沸いているはず…と思いきや、少し様子が変わってきたようだ。

 大谷に関するニュース本数は、ネット上だけを見ると、昨年や一昨年と変わらない。ところが、それらに対する一般コメントの数があきらかに激減しているのだ。あるスポーツ紙サイトの21日にリーグ単独トップに立ったニュースには、公開から3時間が経っても、たった3コメントしかなかった。他の記事でも、最近は昨年に比べて1ケタは減っていると言っていい。人々が大谷の本塁打に慣れてしまったとは言えるが、スポーツ紙記者は「他に大きな理由がある」と話す。

「今年の大谷は、怒とうのスタートでした。MLBの常勝軍団であるドジャースへの超高額移籍に始まり、元バスケ女子日本代表選手との結婚。そして、青天の霹靂といえる通訳の裏切り…。まさに天国と地獄が同時に進行していた感じです。実はここにきて、女性ファンの関心が如実に低くなっていると言われています。確かに、通訳問題で引いてしまった人たちはいます。でも、あの事件については大谷は被害者ですから、離れていったのはごく一部の人だけ。では、結婚してしまったから? それも違います。結婚発表直後は、真美子夫人の持ち物が話題になるほど、むしろ女性の関心を集めましたからね。その結婚フィーバーが落ち着いて、コメント欄からの女性、特に主婦層の声がほぼなくなった理由は、何といっても『二刀流』ではなくなったことが大きいと言われています」

 昨年までの大谷は、弱小チームのエンゼルスで、投げて打って走って、孤軍奮闘していた。その姿が、子を持つ主婦世代や年配女性の心を打っていたというのだ。事実、コメント欄では「うちの子は赤いユニフォームの方がよかったらしい」「一人で打って投げて勝つ姿が凄かったのに…」という声が散見される。前出のスポーツ紙記者が話す。

「投手としての出番がなくなったことで、テレビに映る時間が圧倒的に減りましたよね。これでは、たまに本塁打を放っても見逃すにわかファンは多いですし、自然と無関心になっていきます。特に日本人は『文武両道』という言葉が大好きですが、それと同じで『二刀流』という言葉が、あまり野球を見る機会がなかった女性たちの母性に響いたのは確かです。幼稚園の保護者の集まりでさえ、『大谷クン、何でもできて凄いね』なんて会話が交わされていましたからね。現在の大谷は、言い方は失礼ですが、たまにバッターボックスに立つだけの『ただの打者』です。SNS上に『CMで見る時間の方が長い』とコメントしている女性がいましたが、あながち間違いではないすね。人気が落ちたというより、関心が低くなったという方が正しいでしょう。女性の感性はハッキリしています」

 こうなったら、大谷がもう一度、女性陣のハートをグッとつかむには、両リーグでの本塁打王はもちろん、可愛い赤ちゃんを授かることかもしれない。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】