スポーツ

大谷翔平「メジャー三冠」を阻む3大ライバル(1)本塁打王争いのラインは45〜6本

 さらなる高みを目指し、名門ドジャースへ移籍、悲願のWシリーズ制覇を狙う大谷翔平(29)。打撃専念でロケットスタートを決めた今季は、早くも「三冠王の可能性は14.6%」と先走り報道が出るほど。だが、日本では報じられない屈強メジャーの強敵がその前に立ちはだかっていた。

 まずは大谷翔平の今季成績(現地時間6月12日現在、以下同)を振り返ろう。昨年キングを戴冠した本塁打は17本(ナ・リーグ2位)、打率が3割1分1厘(4位)、打点が44点(9位)となっている。MLBライターが解説する。

「打撃3部門の成績ですべて10傑入りしているのは、大谷と、本塁打、打点の2冠王のブレーブス・オズナ(33)だけ。とはいえ、毎年絶好調の〝ミスター・ジューン(6月男)〟も6月序盤は振るわず、ズルズルと成績を落とすのではないかと心配されました。ですが、11日、12日に2試合連続ホームランを放ったことで、今後の量産態勢に入ったとみられます」

 日米ファンが一番期待するのは、当然、本塁打王争いだ。1位はオズナの18本で1本差。大谷が例年の如くどこかで「ゾーン」に入れば、あっという間に逆転できそうではあるが‥‥。MLBに精通するジャーナリスト・友成那智氏が語る。

「大谷に三冠王の可能性はあると見ています。例年、ナ・リーグがア・リーグよりも打率、本塁打数、打点も上回っているのですが、今季はその関係が逆転し、ナ・リーグの打撃成績がやや低い。つまり、現段階で大谷が突出しているわけではないが、各部門でタイトル争いのできる条件がそろっているわけです。ホームラン王争いも、しばらくダンゴ状態が続きそうで、怖いのは今後成績が尻上がりするであろう実績のあるバッターです」

 実は1位オズナは「春の珍事」。過去に前半戦でこれほど打ちまくったことはなく、なおかつ年間の最多本塁打数は40本止まり。シーズン後半戦での失速が見込まれるという。

 では警戒すべきは誰か。

「昨季46本を放ったメッツのアロンソ(29)は要注意。今季終了後にFAを取得する予定で、大型契約獲得のために奮起するでしょう。メッツは東地区で順位を落としており、割り切って個人成績を狙ってきてもおかしくない。ですが、対抗馬の大本命は、フィリーズのシュワーバー(31)でしょう」(友成氏)

 東地区を独走するフィリーズにおいて〝恐怖の1番打者〟として君臨するシュワーバーは昨季、打率1割台ながら47本塁打を記録した大砲だ。友成氏が続ける。

「打率は低いですが、ホームランを打つ技術は一流で、かつケガも少ない。8月以降の量産が特徴で、一昨年も46本打っています。おそらく、この45〜46本ぐらいがタイトル争いのラインになるでしょう。大谷もこのままのペースを維持すればここに並べるはず」

 終盤までにできるだけ差を広げておきたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】