芸能

松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」

 このところ、中山秀征が出演する番組がやたら目につく。フジテレビの「ぽかぽか」(6月12日放送)、日本テレビの「おしゃれクリップ」(6月16日)、TOKYO MXの「5時に夢中!」(6月13日放送)、テレビ朝日の「証言者バラエティ アンタウォッチマン!」(5月28日放送)といった具合だ。

 少し前までは、唯一の地上波レギュラー番組である「シューイチ」(日本テレビ系)と、地元の群馬を取り上げた番組に井森美幸とセットで出演し、上毛かるたの読み札を言い合うくらいでしか見かけなかったのに。ここにきてのこの露出の多さには面食らってしまうが、フタを開ければ、どの番組も自身の著書「いばらない生き方 テレビタレントの仕事術」の宣伝目的だった。

 ただ不思議に思ったのは、全ての番組で中山のことを異常に持ち上げること。過去の出演番組がいかに凄いかと紹介され、後輩芸人達がその親しみやすさから「ヒデちゃん」とイジリながらも「実は凄い人」的に絶賛。まるで「大御所」や「レジェンド」のように扱っているのを見て「そこまでのタレントか!?」と、ただただ驚くばかり。

 その昔、松本人志の著書「遺書」に書かれていた「レギュラー番組を十数本持ったことを自慢していたタレント」の箇所が、この中山を揶揄しているのではないか、という憶測が流れたことがあった。

 お笑いファンやお笑いを目指す若者にとっては当時、松本はカリスマを超えて神のように崇められる存在だったわけで、その神がお書きになった「聖書」の一文を、周囲の憶測にもかかわらず、鵜呑みにした者は少なくないだろう。

 松本に心酔するお笑い好きからすれば、中山は「憧れ」の対象とはほど遠い位置にいる。その結果、さらにテレビ界で影響力を強めていった松本とは対照的に、中山は徐々に活躍の場を減らしていったように思う。

 しかし松本が、例の性加害報道により活動休止をしている今、「鬼の居ぬ間に」とでもいうかのように「ヒデちゃんリスペクト」な空気になっているのは興味深い。

 先述の「おしゃれクリップ」でVTR出演していた、ぱーてぃーちゃん、四千頭身、ちゃんぴおんずの3組も、「ぽかぽか」のMCハライチも、中山と同じワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人で、後輩という立場ではある。

 が、同じ事務所の後輩たちが祀り上げているだけ、と言い切れない点もある。例えば先日の「耳の穴かっぽじって聞け!」(テレビ朝日系)で、井口浩之(ウエストランド)から「芸人始める時は、どういうふうになりたいとかありました?」と聞かれた久保田かずのぶ(とろサーモン)が「中山ヒデちゃん」と即答。あまりに現在の自分と芸風がかけ離れていることを「で、今これ」と自嘲気味に語っていた。

 過去には、ノブ(千鳥)が高校時代に、大悟と一緒に文化祭の司会をするも大スベリし、「ヒデちゃんって凄かったんやなぁ」という結論に至った、というエピソードを明かしていた。久保田もノブも、吉本興業所属の芸人だ。

 ちなみに私個人は、中山を凄いと思ったことは一度もないし、笑わせてもらったこともないので、正直、芸人とは認めたくないのだが…。

 ここにきての「ヒデちゃん激推し」は、アンチ松本の逆襲か、はたまたコンプライアンスに怯えるテレビ局にとってちょうどいいタレント、ということかもしれない。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】