スポーツ

「1割打者だらけ」激貧打の西武が「松原聖弥」巨人から緊急トレードの「わかりにくい狙い」

 西武ライオンズ・若林楽人と巨人・松原聖弥の交換トレードが成立した。その前日、6月23日の西武のスタメン表を見てみると、打率1割台の打者が3人もいた。西武関係者によれば、今回のトレードは渡辺久信GM兼監督代行の要望によるもの。松原の即スタメン起用は、かなりの確率で実現しそうだ。

「松原、若林のどちらもリードオフマン・タイプ。松原の方がやや長打力があると評価する人がいれば、若林の身体能力の高さを挙げる声も聞かれました」(スポーツ紙記者)

 つまり、プレースタイルが近い選手同士のトレードであって、激貧打にあえぐ西武側の狙いがよく分からないというわけだ。

 そもそも西武には若林のような、出塁したらうるさそうな選手が多い。この「同じタイプの選手ばかり」な点に、今季低迷の一因があったのだが、それには松井稼頭央監督の影響が大きかったという。球団関係者が明かす。

「西武フロントは松井監督を呼び戻した2018年シーズンから『将来の1軍指揮官候補』と捉えていました。その松井監督が『機動力の野球をやりたい』と言っていたので、来るべき1軍監督就任に向けて、走れる選手をドラフトで集めてきたんです」

 明確なビジョンを持って、ドラフト戦略を立てたというのだ。だがその結果、長打力のある選手が極端に少なくなってしまった。松井体制での大敗は結果論にすぎないが、「機動力一色」となって得点力不足に陥ったことについては、編成トップの渡辺GMが責任を取らなければならない。それが今回の監督代行兼務だった。

 チーム再建の参考になるのは、ヤクルトだ。2017年に96敗し、ブッちぎりの最下位に沈んだ。その後、小川淳司監督を挟み、現在の高津臣吾監督で2連覇を果たしている。

「外国人選手が活躍すれば、その間、若手の育成に着手できます」(前出・スポーツ紙記者)

 当時の小川氏も渡辺監督代行と同じく、編成トップだった。外国人選手が活躍してくれたから、村上宗隆をスタメンで起用することができた。

 西武は今後、ドラフト指名の選択基準を変えるはずだが、まずは松原が活躍しなければ、この重苦しい雰囲気は変わらないだろう。

(飯山満/スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】