芸能

酒井法子の元夫・高相祐一が事件の真相を激白(1)ドラッグにハマっていった理由

20150205a

◆プロフィール 高相祐一(たかそう・ゆういち) 1968年、東京都で有名スキーショップの御曹子として生まれる。93年に日本プロサーフィン連盟のプロトライアルに合格。プロサーファーとして活躍する一方でDJやデザイナーとしても活動。98年に酒井法子と結婚。09年に覚せい剤取締法違反で逮捕。懲役2年執行猶予4年の判決を受ける。10年に酒井と離婚。

 芸能界に激震が走った覚醒剤逮捕から5年5カ月が経過した。酒井法子は復帰を果たしたが、かつての輝きを取り戻したとは言いがたい。それほど事件のダメージは大きかった。いったい、のりピーはなぜシャブに溺れたのか──。これまで沈黙を守ってきた“元夫”が、その真相を初めて激白した!

 真紅のキャップに黒のシャツとジャケット、赤と黒でコーディネートしたファッションに身を包み、高相祐一氏は取材現場に現れた。確かに、みごとなまでにオシャレではある。

 しかし、右側の襟足の一部の髪だけを肩まで伸ばし、黒革のグローブをはめた指先からは派手な色彩のタトゥーがのぞいている。そこはかとなく“遊び人”の雰囲気を漂わせていた。

 反省の色がないと見るべきなのか、それとも自分を偽らない正直さの表れなのか──。

 まずは、高相氏のドラッグ体験から聞いた。

「サーフィンを始めたのが中学2年の時で、その直後に大麻を初めて吸って、覚醒剤は20歳ぐらいの時かな。きっかけ? 当時の流れというか、(渋谷区)青山という街で育って、両親とも忙しくて家にいない、多少の金ももらっていたし、当時はドラッグの誘いって誰にでもあって、自分をコントロールできなかったと言われれば、それまでですけど‥‥」

 高相氏が過ごした青春時代は、渋谷にチーマーが現れ始めた頃で都心に住む中高生なら、特異な不良グループに属さなくても悪い遊びができた、と言うのだ。

── 若い頃からドラッグにハマって、結婚後も続けていたということ?

「大麻はずっと吸っていましたから、彼女もうすうす気づいていたかもしれませんね。大麻を吸うと、普通はだらしなくなる人が多いけど、僕の場合はデザインとかクリエイティブな思考を高めるほうに向いていたから、彼女は何も言わなかっただけかも。ただ覚醒剤に関しては、世間では僕のことを中毒者のように思っている人が多いだろうけど、月に1回ぐらいで、本当に5年間ぐらい使用しなかった時期もあって‥‥」

── なのにどうして、のりピーが覚醒剤に手を出したんですか?

「結婚5年目(03年)ぐらいに、自分が隠れてやっている時に、そこに彼女が現れて見つかってしまったんです。(気化した覚醒剤が酒井や子供のほうに行かないように)キッチンの換気扇の下でアルミホイルに入れてアブっていたから、子供が寝ていた夜だったのかな‥‥。彼女もびっくりして『何、それ?』って。それで、とっさに『元気が出るクスリだよ』と答えたんです。バツが悪いのもあったし、気分が高揚していたこともあったのかもしれないけど、つい『やってみる?』と誘ったら、彼女は『うん』と言って‥‥」

── 本当ですか? 普通は「うん」と言わないでしょう?

「だから、僕が強く勧めたんでしょう。記憶も曖昧になっているけど、全ての責任は僕にあるんです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…