芸能

なぜいま逮捕!? 麻薬Gメンが小向美奈子を「数カ月前から内偵していた」理由

20150210komukai

「ASKA、カッコ悪いですよね。家族がいるのに溺れて、捕まったらぺらぺら警察にしゃべって、今はダルク(更正施設)でしょ。なんていうか、超ダサイ(笑)」

 そう豪語していた小向美奈子が、覚せい剤取締法違反(所持)で6日、現行犯逮捕された。小向は2009年、2011年にも同容疑で逮捕されているが、薬物依存からはそうやすやすと抜けられなかったということか。

 しかし、今回の逮捕がこれまでの警視庁によるものではなく、関東信越厚生局麻薬取締部、いわゆる「マトリ」と呼ばれる部署である点に注目したいと、捜査関係者は語る。

「マトリの管轄は警視庁ではなく厚生省。では役人かと言われると、実態は違います。逮捕術を学び、拳銃や特殊警棒の装備も許可されているのです」

 麻薬Gメンとも呼ばれるマトリの捜査は、警察のソレとは似て非なるものであるという。

「潜入捜査や売人との接触、囲い込みなど、合法かどうか疑わしいことまで行います。クラブなどで一番派手な格好で遊んでいる人物が実はマトリの人間であるなんてことも。警察がマークして逮捕した人物が実はマトリだったなんてことさえある。それほど、薬物を売ったり使ったりする側に近い場所で捜査を行っているんです」(前出・捜査関係者)

 そこで疑問になるのが、今回「なぜ小向美奈子」だったのか? その答えが前述の「ASKA発言」にあるという。前出・捜査関係者が続ける。

「ASKAは警察に逮捕されていますが、有名人を逮捕すると大きく報道され、世間に警鐘を鳴らすことができる。警察も役所なのでそうしたことを手柄にします。現在は来年度の予算を組んでいる真っ最中。ASKAで手柄をあげた警察に予算を持っていかれないためにも、マトリは“名のある人物”を逮捕しなければなりませんでした」

 そこで浮上したのが小向だった。前回逮捕時、小向はフィリピンに逃亡している。この逃亡中に覚せい剤が抜けてしまった可能性があり、最終的に処分保留になってしまった。つまり、警察に恥をかかせた小向をマトリが逮捕することは、役所的な観点からするとインパクトは二倍。格好のターゲットだったというわけだ。

「踏み込んで現行犯で逮捕していることから、マトリは確実に数カ月前から内偵を行っていますね。以前、小向は外国人から買ったと言っていましたが、これも怪しい。今はクスリの受け渡しに宅急便を使うことが多い。それこそマトリはそうした荷物の一つ一つ、ゴミ箱などすべてを漁って100%ミスのない逮捕をしたのです」(前出・捜査関係者)

 皮肉なことに、事件をきっかけに小向が出演したセクシーDVDの売り上げが急上昇しているという。センセーショナルな“転身”で再起を果たしてきた小向だが、三度目の復活は難しいかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方