芸能

元グラドル艶系女優、「Jバストの悩み」告白に“1番小向さんの体が好き”の声

“ぽっちゃり”派か、スリム派か。男子諸兄の「好みの女性の体型」は意見が分かれるところだろう。そんな中、元グラドルの人気艶系女優が、みずからのYouTubeチャンネル〈小向375チャンネル〉で、“巨大バストあるある”の悩みについて打ち明けた。すると、視聴者から〈ぼくはこの世で1番小向さんの身体が好きです。〉〈垂れてるのが好きです 柔らかさが半端ないので 本当の魅力分かってないひと多いですね〉といった、バストJカップとされる、その艶系女優・小向美奈子の「ダイナマイトなぽっちゃりボディ」肯定派のコメントが相次いだのだった。

 同チャンネルの8月19日付け投稿回を観ると、「小向美奈子、」と言った後に、女性のバストを意味する日本語を出して、それが「デカいんですが…」とのたまう。なかなかパンチの効いたオープニングトークを放った小向が、「まず、垂れる。重力には逆らえない」と、巨大バストゆえの悩みについて言及した。

 男性から『筋肉つければいいんじゃないの?』とよく指摘を受けるそうだが、「私、胸筋ピクピク動きますから!」「(バストの)皮が伸びてんだよ!」「分かってない男、多いんだよね!」と、筋トレうんぬんの問題ではないと威勢よく反論。

 また、巨大バスト用の肌着は、日本では高額であることも物申すなど、小向節は炸裂。これには、“俺が上半身用肌着になってもいい”といった意味の視聴者のケシカランご意見のほか、〈歯切れ良くズバッとしたしゃべりは爽やかで 小気味が良い 威勢が良い異性の好例〉と、何やら韻を踏んだようなシャレ心のわかるコメント。さらには、〈若い頃は今の橋本環奈に負けない位、可愛かったよ〉とのコメントも。

 グラドル時代からの紆余曲折を経て現在まで、小向を長く応援するファンも少なくないようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」