芸能

読者モデルで一番稼いでいるのは誰?益若つばさに敗れた女たちの裏ドラマ

20150220masuwaka

 雑誌「S Cawaii!」で活躍する人気モデルの鈴木あやがブログで美くびれを披露し、話題を呼んでいる。鈴木といえばかつて自身の年収が1000万円であることをカミングアウトしたこともあるが、現在の芸能界は読者モデル出身のタレントが花盛りだ。では、その中で一番稼いでいるのはいったい誰なのか? 芸能人の年収に詳しい芸能ライターはこう話す。

「益若つばさの一人勝ちでしょう。自身がプロデュースしたつけまつげやカラコンなどが完売続出のうえ、昨年はアパレルブランドも立ち上げたため、収入はうなぎのぼりです。2012年に別れたダンナに3000万円もの慰謝料を一括払いしていますし、読者モデル時代からコツコツ貯めているといいますから、現在の貯金額は億を超えているでしょう」

 益若の人気の秘訣は何といっても親しみやすさ。特別美人でもなく小柄な彼女が大ブレイクしたことで、私でもなれるかも? と夢を見た女性が急増し、読者モデルが一気に増えた。

 しかし、その陰には僅差で益若に敗れたオンナたちがいたという。益若と同じ雑誌で読者モデルをしていたA子さんはこう語る。

「当時は私がメインで表紙を飾ることが多くて、つばさちゃんは端っこにチラっと写る程度の目立たないモデルでした。ところが若槻千夏ちゃんが休業して、ギャル枠が一つ空いたことで状況は一変したんです。編集部内で誰をカリスマ読者モデルとして売り出すかという話し合いがされて、本当は私がその枠に押されていたんですけど、全く人気がなかったつばさちゃんがいきなりねじこまれて…。それからすぐに、経済効果100億のモデル扱いですからね。つけまつげプロデュースだってカラコンだって、私にもオファーが来ていてチャンスがあったのに…本当に悔しいですよ」

 こうして益若に敗れた読者モデルたちは続々引退。A子さんも現在はモデルを引退し、日雇いのアルバイトで生計を立てているという。

 大成功したモデルの裏には、こうしたドラマがあったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”