芸能

鈴木杏だけじゃない、「芸能界ピンチヒッター物語」(5)宮崎あおいが玉山鉄二、キムタクを拒否!

20150318pinchhitter_a

 当たれば天国、コケたら地獄の映画界において、「客を呼べるスター」の存在は必要不可欠だが、ここにも「ピンチヒッター」にまつわる数々の裏エピソードが存在する。

 人気コミックを原作に映画化され、40億円の興行収入を上げた「NANA」。この成績に続編が発表されたが、ダブルヒロインで小松奈々(ハチ)役の宮崎あおいが出演を辞退。この事態に市川由衣を代役に立てて公開された2作目は、前作の3分の1以下となる12億円の興行収入に終わる。中島美嘉ら主要キャストはほとんど残っているので、宮崎がいないぶんだけ大打撃となった形だ。なぜ彼女は、ヒット確実の作品を蹴ったのか?

「“女・織田裕二”と呼ばれるこだわり体質から安易な続編を認めなかった、あるいは、そもそもハチの設定にしっくりきていなかったからといった声があがりました。ですが、最大の理由は『共演者の玉山鉄二が粗暴すぎて、共演NG』になったことが原因のようです」(映画ライター)

 そんな宮崎が候補に入っていたとされるのが、2010年公開の「SPACE BATTLESHIPヤマト」のヒロイン・森雪役である。

「キムタク主演、あの『宇宙戦艦ヤマト』の初実写化という大舞台に、当初、白羽の矢が立ったのは沢尻エリカでした。“別に”発言のみそぎとなるはずでしたが、独立騒動で事務所を解雇されて立ち消えに。次に話が来たのが宮崎でしたが、NHK大河のヒロインで成功を収めた彼女には、もはや『キムタクの相手役』は眼中になかったようです」(芸能プロ関係者)

 二転三転して黒木メイサが選ばれたが、おもいっきり肉食系な森雪なため、やけに好戦的なキャラに変更された。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!