芸能

TV有名人の傑作すぎる「放送事故」(1)スザンヌがアンガールズ田中に‥‥、

20150320kessaku_a

 2月14日放送の「ズームイン!!サタデー」(日本テレビ系)では、関ジャニ∞の渋谷すばるの「無愛想」ぶりが話題を呼び、3月10日のバラエティ番組「さまぁ~ずのご自慢列島ジマング」(フジテレビ系)では、さまぁ~ずの三村マサカズが、ゲスト出演していた元アイドリング!!!・谷澤恵里香の胸を揉む、前代未聞のハプニングが起きた。

 こうしたガチな「放送事故」は時にシャレにならなくなることも多いが、芸能界にはさほど大ごとにはならない「傑作すぎる」放送事故も存在する。そんな迷シーンをプレイバック──。

 まずは、このほど離婚したスザンヌを襲ったあの珍場面から。それは、2010年の「キャンパスナイトフジ」(フジテレビ系)でのことだった。大晦日から元旦までテレビに出ずっぱりだったスザンヌ。はしゃぎ疲れたのか、午前4時頃には生放送にも関わらずウトウト。すると、突然、彼女が絶叫したのだ。

「眠り込んでいたスザンヌが、隣にいたアンガールズの田中にしなだれかかり、その際に“お触り”されたというのです。もちろん、田中は無罪を主張しましたが、スザンヌは本気で震えていましたね」(テレビ誌ライター)

 2009年の「ひるおび!バンバンバン」(TBS系)で、お昼2時台には刺激的すぎる生中継を披露してしまったのが、元モーニング娘。の石川梨華だった。

「番組では板東英二とともに京都の山中でマツタケ狩りに興じたのだが、しゃがむたびにローライズのデニムからお尻がくっきり。しかも、下着までもローライズだったのか、あるいは何も履いてなかったのか、“割れ目”も延々オンエアされてしまいました」(テレビ関係者)

 ほかにも「傑作」放送事故は枚挙にいとまがない。前出・テレビ誌ライターが続ける。

「ヨネスケが『突撃!隣りの晩ごはん』で押しかけた豪邸が本物の“親分”宅で、放送に至らなかったことも。滝川クリステルが『ニュースJAPAN』でVTRが中断した瞬間、頬づえをついていて大慌てしいたのは爆笑しました。2002年の『24時間テレビ』のマラソンでは、ラスト近くになって西村知美が1時間で20キロ走破して“ワープ疑惑”が持ち上がったことも。『紅白歌合戦』で、キムタクが特別ゲストのスーザン・ボイルに英語で挨拶するもまったく通じなかったのも“傑作”でしたね」

「台本なき演出」は、いつだって視聴者を楽しませくれるのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」