芸能

能年玲奈も感染した、お笑いコンビ「ピスタチオ」の“キモシュール”な世界

20150331pistachio

 お笑い芸人の藤本敏史と山崎弘也、いまやこの二人にパクられた芸人は、後に人気者になるとまで言われるゆえんが、「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の特番で好評だった「パクりたい-1グランプリ」だ。

 この企画で見事パクられて人気を博したのが、お笑いコンビのクマムシとピスタチオ。クマムシがその後、「あったかいんだからぁ♪」でブレイクしたのは周知の通りだが、ここにきてピスタチオもジワジワと人気が高まっている。

 いまや女優の能年玲奈に「白目のプロ」と言わせ、きゃりーぱみゅぱみゅの誕生日のサプライズゲストにも呼ばれたというほどの二人。その変顔をはさみながらのシュールなネタは、ネット上を伝染するかのように広まり人々をトリコにしているのだ。

 能年をも魅了した“白目漫才”もしくは“白目コント”は、そのアングラな雰囲気とオネエ系キャラの世界に感染したとたん、クセになって中毒を起こす。

「ピスタチオは、元NO1ホストの伊地知大樹とアンガールズ系のルックスの小澤慎一朗によるコンビです。素顔の伊地知はEXILEっぽいワイルドタイプ、小澤はビビッドな色を着こなしたり派手なネイルをするファッションタイプですが、ネタは見た目とは裏腹な“キモシュール”。バラエティ番組では自分たちのネタが終わってもオネエ系キャラを貫き通し、他の芸人のネタを見ている際にも小指を立てて笑うほど。そんな一面からもわかるように、彼らの笑いは細部にわたって徹底的に作りこんであるところが魅力です」(芸能ライター)

 ちなみに二人のフリートークは軽快で面白く、伊地知が小澤をイジりながら楽しく会話する姿は仲の良ささえ感じる。漫才にコントにフリートークもできるとあれば、一発屋ではない活躍を期待できそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?